トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

夏花壇の救世主 暑さに強い宿根フロックス

‘ブライト・アイズ’。ピンクに濃色の目が入る定番品種。芳香があり、切り花にも使わ...
‘ブライト・アイズ’。ピンクに濃色の目が入る定番品種。芳香があり、切り花にも使われる。撮影:福田稔
エキノプス(ルリタマアザミ)やソリダゴとの混植。
エキノプス(ルリタマアザミ)やソリダゴとの混植。

多くの草花の花つきが悪くなる夏。そんな猛暑にも負けず、夏じゅう花を咲かせ続ける宿根フロックスは、まさに夏花壇の救世主です。古くから栽培されてきた草花ですが、最近は改良が進んで、これまでになかった花色や花形の品種も登場しています。あなたの庭にも植えてみませんか? 園芸研究家の伊藤章太郎(いとう・しょうたろう)さんに、宿根フロックスの特徴を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

種類豊富なフロックス

 

フロックス(Phlox)と呼ばれる植物には、一年草も多年草もあり、多くの種類が含まれます。なじみ深い種類には、一年草のキキョウナデシコ(フロックス・ドラモンディ)、這い性で春咲きの多年草のツルハナシノブ(フロックス・ストロニフェラ)などがあります。意外に思われるかもしれませんが、じつはシバザクラもフロックスの仲間(フロックス・スブラタ)です。

 

日本には江戸中期に渡来

 

今回紹介するフロックスは、通称で「宿根フロックス」と呼ばれているフロックス・パニキュラータです。和名はクサキョウチクトウで、オイランソウという別名もあります。

 

和名から日本原産の植物、もしくはかなり古い時代から国内に定着しているような印象をもたれそうですが、宿根フロックスの原産地は北米です。地域によりますが、自生地では初夏ごろから林の入り口の道沿いにスーっと伸びて花を咲かせた宿根フロックスを見ることができます。日本には、諸説がありますが、江戸時代中期ごろにやってきたといわれています。

 

猛暑にも耐えて花を咲かせる

 

宿根フロックスの魅力は草姿や花色だけではありません。最大の魅力は、昨今の夏の極端な高温や高湿度にも耐え、また冬の寒さにも強い(耐寒温度マイナス15℃)ことです。ヒートアイランド現象によって高温になる都市部でも、雪が数か月間にわたり積もる地域でも、植えっぱなしで毎年楽しめます。

 

■『NHK趣味の園芸』2019年7月号より

趣味の園芸 2019年7月号

2019年06月21日発売 定価 545円 (本体505円)

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!