トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

プランターの土は続けて使ってもよいの?

熱湯消毒するには、二重にしたポリ袋に土を入れ、全体が湿るくらいの量の熱湯を回しか...
熱湯消毒するには、二重にしたポリ袋に土を入れ、全体が湿るくらいの量の熱湯を回しかける。撮影:渡辺七奈

春夏野菜の収穫が一段落したら、次は秋冬野菜。プランターの古い土は捨て、新しい土を用意する必要はあるのでしょうか。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに伺いました。

 

*  *  *

 

いいえ、そんなことはありません。春夏野菜に病気や害虫が発生していなければ、育てた土が使えますよ。ただし、連作障害が出ないように、別の「科」の野菜を植えることが望ましいです。根鉢(ねばち)を崩して根を取り除き、葉やゴミなども取り除いてから、堆肥や市販のリサイクル材を混ぜ、元肥(もとごえ)を加えて使いましょう。

 

病気や害虫が発生してしまった場合は、堆肥や元肥などを混ぜる前に、熱湯消毒を行います。根やゴミ、虫などを取り除いた土を、二重にしたポリ袋に入れ、土全体が湿るくらい熱湯を回しかけます。袋の口を縛り、60℃以上をしばらく保ちます。さらに、真夏の直射日光が当たる場所に2〜3日置くと、消毒の効果が高まります。土の温度が下がってから、堆肥などを加えましょう。病気や虫の発生がなくても、1年に1回程度、この消毒を行うと、よい状態で土を使い続けられます。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年8・9月号より

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

新着日記写真
クリスマス世界を旅した...
2019/09/17
9/17ストッ...
2019/09/17
昨冬の実生バラ...
2019/09/17
忙しかった今日...
2019/09/17
根性
2019/09/17
がんばったあせあせ(飛び散る汗)
2019/09/17
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!