トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

発芽に必要な三要素とは?

撮影:福田 稔
撮影:福田 稔

タネをまく前に、基本を押さえておきましょう。タネのことがわかればタネまきが楽しくなり、発芽がもっと待ち遠しくなります。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、発芽する条件について教えてもらいました。

 

*  *  *

 

タネが発芽するためには、適当な水分と温度、酸素が必要です。これを「発芽の三要素」と呼び、どれか1つ欠けても発芽には至りません。まいたタネが水を吸収することで発芽のスイッチが入り、野菜に合った温度と酸素があれば、自然に発芽します。また、タネのなかには光を必要とする「好光性種子」もあります。

 

発芽する温度は野菜ごとに違う 発芽適温

 

発芽に適した温度は、野菜ごとにさまざま。一般的に、トマトやナスなどの夏野菜は発芽温度が高く、寒さに強いホウレンソウやハクサイなどの秋冬野菜は低めです。「発芽適温15~25℃」という表示の場合、1日の気温がこの間に収まっている時期にタネをまきます。

 

発芽に光がいる? いらない? 好光性種子、嫌光性種子

 

野菜によっては、光も発芽に関係します。タネに光が当たるほうが発芽が促進されるタネ(好光性種子)と、反対に、光が当たると発芽が阻害されるタネ(嫌光性種子)があります。タネにかける土の厚さは、好光性種子はごく薄く、嫌光性種子はタネが隠れるくらいしっかり土をかけます。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年8・9月号より

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!