トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

人気急上昇中! 硬葉系ハオルチアの魅力

硬葉系の人気種「鬼瓦(おにがわら)」。葉の表面はざらざらとした質感で、内側は赤み...
硬葉系の人気種「鬼瓦(おにがわら)」。葉の表面はざらざらとした質感で、内側は赤みを帯びる。撮影:田中雅也

育てやすく人気の多肉植物、ハオルチア。園芸的には、軟葉系と硬葉系の2つに分かれます。最近、独特のフォルムとオブジェ感で硬葉系の人気が急上昇。園芸家の靍岡 秀明(つるおか・ひであき)さんに、硬葉系ハオルチアの魅力を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

硬葉系のハオルチアとは

 

ハオルチアは園芸的に「軟葉系」と「硬葉系」に分かれます。「軟葉系」は葉が軟らかく、先端の透明な「窓」をもつ種類が多いのが特徴。一方、「硬葉系」は葉が硬く、幾何学的でシャープな株姿が魅力。種類や株ごとにフォルムや模様に強い個性があり、人気が高まっています。

 

魅力1 斑点と縞模様

 

十二の巻、九輪塔などは、葉の外側に白い斑点や縞模様が入ります。品種や個体によって、斑点や縞模様の形や間隔が少しずつ異なり、見飽きることがありません。

 

06457092019_p034_01

十二の光。粉砂糖をまぶしたような縞模様。十二の巻の斑入り種で縦に黄色斑が入る。

 

魅力2 ざらざらとした表面

 

葉の表面に細かな凹凸をもつ種類もあります。そのざらざらとした質感は爬虫類や魚類の皮膚やゴム製のおもちゃやオブジェなどを連想させるものもあります。

 

06457092019_p034_02

コエルマニオルム。鮫肌のような質感。赤みを帯びた表面に縦に細かなラインが入る。

 

魅力3 「旋回」する葉

 

硬葉系に独特の幾何学的なフォルムのおもしろさがよく現れているのは葉の伸び方でしょう。葉が一定の角度で規則正しく伸び出し、葉が旋回しているように見えるものもあります。

 

06457092019_p034_03

銀帯橋。ベノーサとコエルマニオルムの交配種。

 

※テキストでは育て方のポイントを紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2019年9月号より

趣味の園芸 2019年9月号  

2019年08月21日発売 定価 545円 (本体505円)

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!