トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

季節の先取りが粋! 江戸時代の促成栽培技術

江戸時代には、日本独自の生け花や庭園文化が大きく花開きました。その背後には、花や植木を生産し、提供するための園芸技術の発達があったことは見逃せません。2020年東京大会に向けて江戸の園芸を見つめ直す12回シリーズ。第9回は新春を飾る花を中心に江戸時代の促成栽培技術にスポットライトを当てます。解説は園芸研究家の小笠原誓(おがさわら・せい)さんです。

 

*  *  *

 

季節の先取りが江戸の粋

 

冬に花の咲く植物が極端に少ないのは自然の摂理でしょう。しかし、江戸の人々は、その冬の正月に観賞できる樹木や草花を探し出し、栽培に工夫を重ねて楽しんできました。

 

その背景には、少しでも季節を先取りし、誰よりも早く初物を見たいという「江戸の粋」があったことでしょう。

 

江戸時代には、花を生けたり、植物を鉢で栽培する園芸文化が普及し、新春に飾る花の需要も大きく伸びました。植木屋を中心とする生産者も、より高度な要求に応えようと栽培技術を高めていきました。

 

合理的だった栽培技術

 

春の花をひと足早く新春に咲かせた種類には、ニホンズイセンやウメなどがあります。植物の生理を利用したり、太陽熱や地熱などの自然エネルギーを加温に活用したりと、今日から見ても驚くほど合理的な促成技術を駆使していました。

 

一方、寒ボタンのように春秋の二季咲き品種を選んで育種し、さらには晩夏に葉を切ることなどの栽培によって、冬の開花をより促す技術も記されています。

 

寒ボタンもそうですが、江戸時代から親しまれてきた古典植物には、名前に「寒」のつく種類が多いこと、多いこと。寒菊、寒蘭、寒わらび、寒すすき、寒竹、寒紅梅、寒桜、寒木瓜など、冬に咲く種類を見つけ出し、大切に育ててきたことがうかがえます。

 

栽培技術と品種選抜の両方を駆使して、花で新春を彩ることは、江戸の人々にとって、大きな楽しみだったのでしょう。

 

■『NHK趣味の園芸』「大江戸 花競(くら)べ 十二選」2019年12月号より

趣味の園芸 2019年12月号

2019年11月21日発売 定価 556円 (本体505円)

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!