栄養成長(えいようせいちょう)



<栄養成長とは>

水分や無機物の根からの吸収が活発になり、葉で光合成が始まります。この時期の成長を栄養成長といいます。新芽から伸びるのは葉や枝で、花は咲きません。
一方、花芽ができ、花が咲き始めるのが「生殖成長」です。

用語集トップへ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ガーデニングのあとは

スッキリ&らくらく 快適キッチン術

キッチンを快適に使いこなす方法を紹介! 抽選で10名様に本格・軽量の剪定バサミも当たります。

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

【テキストこぼれ話】
趣味の園芸1月号 後編

後編では、松村さんが今一番お気に入りのカラーリーフや、挑戦中のクリスマスローズを教えてくれました。

特別対談

【特別対談・番外編】
小笠原左衛門尉亮軒(ご隠居)× 朝井まかて(直木賞作家)

江戸の園芸文化に造詣が深い二人の特別対談をお届け(番外編・全3回)

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!