ナルキッスス・バルボコディウム
お気に入りに登録する

ナルキッスス・バルボコディウムの基本情報

学名:Narcissus bulbocodium
その他の名前:ペチコートスイセン、原種スイセン

科名 / 属名:ヒガンバナ科 / スイセン属(ナルキッスス属)

ナルキッスス・バルボコディウム

クリックすると拡大します

ナルキッスス・バルボコディウムとは

特徴

ナルキッスス・バルボコディウムは小型原種スイセンの代表的な種類で、変種や亜種を含めて、ヨーロッパ南西部や北アフリカに広く分布しています。自生地の気候は雨季と乾季がはっきりしており、日当たりのよい草原や岩場に生えることが多く、自生地によっては雨季に水没するような場所に生えていることもあります。
秋の中ごろから葉を伸ばして、葉を成長させながら冬を越します。このころから花芽が見え始め、早春のころには花冠の広がった黄色いペチコートのような花を、1茎に1花開きます。晩春のころより葉が枯れ始めて落葉し、夏の間は休眠(夏眠)します。
葉が太く花茎の短い大輪花のオベスス(Narcissus bulbocodium subsp. obesus)や、細く繊細な葉にスリムな花を開くコンスピキュアス(N. bulbocodium var. conspicuus)、小型のニバリス(N. bulbocodium var. nivalis)などバリエーションも豊富で人気があります。

基本データ

園芸分類 球根,山野草
形態 多年草 原産地 フランス、スペイン、ポルトガルなどのヨーロッパ南西部、モロッコなどの北アフリカ
草丈/樹高 10~30cm 開花期 1月~4月上旬
花色 黄,白 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通 耐暑性 普通
特性・用途 落葉性
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ナルキッスス・カンタブリクス

    Narcissus cantabricus
    冬に白いペチコート花を咲かせる小型スイセンで、清楚な美しさが人気の仲間。ヨーロッパ南西部や北アフリカに分布し、スリムで丈夫なフォリオスス、小型で葉の少ないモノフィルス、小型で花が大きなパラボラ状アンテナのペツニオイデスなど多くの変種や亜種がある。
  • ナルキッスス・ロミエウクシィー

    Narcissus romieuxii
    ロミエウクシィーの仲間では発根も発芽も早く、細い葉を叢生させ、冬の早い時期からクリーム色の花をやや上向きに咲かせ始める。北アフリカに分布し、花が白いアルビダス、大輪で花冠にしわの多いザイアニクス、花茎が短く花がパラボラアンテナ状のメサトランティクスなど変種や亜種が多い。
  • ナルキッスス・ジョンクィラ

    Narcissus jonquilla
    ヨーロッパ原産の中型スイセン。細いむちのような葉を数枚伸ばし、草丈20cm前後で、春にニホンズイセンに似た黄色い花を数輪咲かせる。園芸店に出るミニスイセンのもととなった花の一つ。
  • ナルキッスス・ルピコラ

    Narcissus rupicola
    ヨーロッパ南西部に見られる小型スイセン。ナルキッスス・ジョンクィラに似るがより小型で、草丈10cm前後で咲く黄色の小花がとてもかわいい。栽培難度はやや高い。
  • ナルキッスス・ワティエリー

    Narcissus watieri
    北アフリカの一部に見られる小型のスイセン。ナルキッスス・ルピコラに似るが、花は濁りのない白色で人気。チッ素分の多い肥料と多湿を嫌い、花つきも悪く、原種小型スイセンのなかでは栽培難度が高い。
  • ナルキッスス・トリアンドルス

    Narcissus triandrus
    ヨーロッパ南西部に分布する中型スイセン。春に下向きに咲く乳白色の花は、スズランのような面影でとてもかわいい。栽培難度は高く、開花株を長く維持することが難しい。多くの交配種が流通するが、原種の面影を残したものは意外に少ない。
  • ナルキッスス・キクラミネウス

    Narcissus cyclamineus
    黄色い細筒のような花姿が下向きに咲く。株立ちになるとシクラメンに似た風貌から、シクラメンズイセンの名で人気が高く、多くの交配種も流通する。ヨーロッパ南西部に分布。栽培難度はやや高い。
  • ナルキッスス・アスツリエンシス

    Narcissus asturiensis
    とても小さなラッパズイセンのような風貌がかわいらしい。スペイン山岳部の岩場の草原に自生。丈夫だが分球でふえにくいのでタネでふやす。生育は遅く、開花まで約5年かかる場合もある。
  • ナルキッスス・ビリディフロルス

    Narcissus viridiflorus
    モロッコ・アトラス山脈の石灰岩地に生える風変わりなスイセン。晩秋のころに深緑色の風車のような花を数輪咲かせる。丈夫だが、分球しにくいのでタネでふやす。タネまきから開花まで4〜5年かかる。
  • ナルキッスス・セロティヌス

    Narcissus serotinus
    秋咲きで、早いものでは植え込み直後に花芽を伸ばし始める。白い小花は花冠がほとんど目立たず、風車のような咲き方。地中海地方原産。小アジアには花の大きな変種のオリエンタリスが見られ、どちらも香りがよく人気がある。
  • ナルキッスス・パピラセウス

    Narcissus papyraceus
    地中海地方に見られる小型のタゼッタスイセン(房咲きスイセン)。冬から春に、草丈20cm前後で白い小花を房のように咲かせ、とてもか可憐。球根が大型になるので大きめの鉢がよく、丈夫で分球もタネまきも可能。

育て方・栽培方法

ナルキッスス・バルボコディウムの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:富澤正美(とみざわ・まさみ)
山野草専門の生産農園、アルペンガーデンやまくさの園主。国内外の多岐にわたる山野草を扱い、世界各地の希少な品種も栽培している。雪割草、キキョウ、ギボウシ、イカリソウなど、交配に力を注ぐ植物も多い。

そだレポ(栽培レポート)

そだレポの投稿はまだありません。
ナルキッスス・バルボコディウムを育てたことがある方は、ぜひその経験を皆さんにご紹介してください。

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

12月号テキストこぼれ話
シクラメンにまつわる話を公開中!(後編)

後編では、横山直樹さんに原種シクラメンの栽培のポイントなどを教えていただきました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第18回
“インドアグリーン最前線”

人が長く過ごす場所をグリーンで快適に。最近は『内向き』の緑化がふえてきている。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!