フクジュソウ
お気に入りに登録する

フクジュソウの育て方・栽培方法

フクジュソウ
フクジュソウ
フクジュソウ

クリックすると拡大します

栽培カレンダー

*関東地方以西基準

基本データ

園芸分類 山野草
形態 多年草 原産地 北海道~本州
草丈/樹高 20~30cm 開花期 2月~4月
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通 耐暑性 普通
特性・用途 落葉性

育て方のポイント

栽培環境・日当たり・置き場

落葉樹林の下や明るい木もれ日を好みます。鉢植えの場合、芽出しから開花までは午前中日の当たる場所、葉が固まるころからは、ゆるやかな風の流れる明るい日陰や、木もれ日の下に置きます。夏前には落葉するので、地上部が枯れたら棚下などへ移動させて、ゆっくりと休眠させましょう。
庭植えの場合も同様の理由で、樹木の下の日当たり側か、落葉樹と落葉樹の間に植え込むと自然に繁殖し、春に先駆けて美しい花を咲かせてくれます。

水やり

鉢植えでは、芽出しから葉のある時期はたっぷりと水を与えます。ただし、早い時期から開花するものは、凍結により花弁が傷むので、花に水がかからないように注意します。花後の水やりは、通常は1日1回でよいでしょう。落葉後は多湿は禁物ですが、極端な乾燥も芽の成長を妨げるので、常に適度の湿り気を感じる程度の水やりをします。
庭植えの場合は自然の雨にまかせますが、葉のある時期に晴天が続くようなら水やりをします。

肥料

「春植物」は全般に、肥料の施し方で成長に大きく差が出ます。植え込みの際に、元肥として緩効性化成肥料を1株当たり数粒入れると効果的です。芽出しが始まったら置き肥をします。同時に2週間に1回液体肥料を施すとよいでしょう。鉢植えも庭植えも同様です。

病気と害虫

病気:灰色かび病、炭そ病、ウイルス病など
病気ではありませんが、冬芽の凍結による株元の腐れが最も多く見られます。特に植え込みが遅かった株は、あまり凍らせないように管理します。入手したばかりの株では、芽が委縮して伸びることがあります。これは根を切りすぎたり、寒風により芽が乾きすぎたりしたことが原因です。まずは健全でがっちりとした苗を入手することを心がけてください。
病気としては、花後に灰色かび病が見られます。芽に黒いすす状のものが出て枯れ始めたら、炭そ病やウイルス病が疑われます。

害虫:ナメクジ、ヨトウムシ、アブラムシ
ナメクジやヨトウムシの食害、アブラムシの発生が見られます。見つけしだい捕殺します。

用土(鉢植え)

根が太く大きいので、鉢は大きめで深めのものが好ましいでしょう。鉢穴の小さいものは多湿になりやすいので、鉢穴をハンマーやドリルで大きくします。
重い土を好むので、赤玉土小粒と鹿沼土小粒を主体に、水はけをよくする軽石を混ぜます。割合は4:4:2くらいでよいでしょう。有機質の多い土を好むので腐葉土を少し混ぜてもよいでしょう。

植えつけ、 植え替え

植え替えは秋に行います。植え替えは毎年か2年に1回行います。植え替えの際に古く傷んだ根茎や根は除去します。

ふやし方

株分け:植え替えの際に株分けをします。あまり小さく分けずに、手で分かれる程度とします。芽が密集している株は、自然に分かれるもの以外は無理して分けないほうがよいでしょう。

タネまき:タネは花後に金平糖状に結実します。未成熟で手で触ると自然に落ちるころにとりまきします。用土は親株と同じものを使います。タネは未成熟で腐りやすいので、まいてから1週間は覆土をせずにそのまま管理し、その後に1cm程度に覆土をして、棚下でコケが生えないように管理します。翌春に双葉が発芽し、早いものでも開花までタネまきから4年を要します。

主な作業

交配:最近では交配によりオリジナル新花の作出がブームです。交配したい花をそろえて、母親を決めたら雄しべを外し、そこに交配したい花の花粉をつけます。交配後は花に水をかけないよう注意しましょう。

花がら摘み:開花後にタネをつけさせないものは、株が疲れるので花のつけ根から切除します。

特徴

フクジュソウは北海道から本州の山野に多く見られる「春植物」です。これまでフクジュソウとされていたものは現在4種類に分類されています。人里に近いところでも大群落をつくるので、花の歳時記には必ず登場します。
いずれの種類も、早春のウ...

種類(原種、園芸品種)

ミチノクフクジュソウ

ミチノクフクジュソウ


Adonis multiflora
萼が花弁より短く、花弁の先端裏が褐色に染まる特徴がある。茎が分枝し、多花性になる個体も見られる。東北から九州、朝鮮半島、中国に広く分布。
キタミフクジュソウ

キタミフクジュソウ


Adonis amurensis
フクジュソウに似ているが、1茎1花で葉裏に毛が密に生えていることで区別される。北海道の北東部と中国、シベリア東部に分布。

シコクフクジュソウ


Adonis shikokuensis
近年記載されたもので、フクジュソウに似て葉の裏や花托が無毛なので区別される。四国と九州の一部に見られ、本州の一部にもあるといわれる。

アドニス・ブレビスティラ


Adonis brevistyla
中国白花フクジュソウの名で流通する。セリのような葉を広げ、濁りのない白くかわいい小花を開く。耐暑性が弱く、栽培は高山植物に準じる。中国西部の山岳地に分布。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:富澤正美(とみざわ・まさみ)
山野草専門の生産農園、アルペンガーデンやまくさの園主。国内外の多岐にわたる山野草を扱い、世界各地の希少な品種も栽培している。雪割草、キキョウ、ギボウシ、イカリソウなど、交配に力を注ぐ植物も多い。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • もう1つのそだレポ
    日本に従来から自生する植物の栽培を楽しみたい方のためのそだレポです。趣味園にもともとあるそだレポとの違いは、一人の人のそだレポではなく、参加者がご自分の育て...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』8月号
テラリウム&アクアリウム/サマーガーデン宣言

空前の「リウム」ブーム到来!新しい趣味の園芸の世界が広がります。いまどき夏花特集も☆

テキストこぼれ話

苔むした流木でワンランク上の水景に!【動画】~8月号こぼれ話・前編

水草職人・早坂誠さんに、誰でもできるアクアリウムのテクニックを教えてもらいました!

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!