イチジク
お気に入りに登録する

イチジクの育て方・栽培方法

イチジク
イチジク
‘リサ’
イチジク
‘ゼブラ・スィート’

クリックすると拡大します

栽培カレンダー

*関東地方以西基準

基本データ

園芸分類 果樹
形態 低木,高木 原産地 小アジアまたはアラビア南部
草丈/樹高 2~5m 収穫期 6月下旬~8月上旬(夏果)、8月中旬~10月中旬(秋果)
受粉樹 不要 栽培難易度(1~5)
耐寒性 やや弱い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性

育て方のポイント

栽培環境・日当たり・置き場

日光を好むので、庭植えの植えつけ場所、鉢植えの置き場とも日当たり良好な場所を選びましょう。寒冷地では、鉢植えは冬は無暖房の室内などに取り込んで冬越しさせます。

水やり

鉢土の表面が白く乾いたら、鉢底の穴から少し流れ出るくらいたっぷり与えます。庭植えの場合は、品種や土質にもよりますが、夏にひどい日照りが続くような場合は水やりが必要です。

肥料

庭植え、鉢植えとも11月から1月に元肥を、6月、8月、9月に追肥を施します。庭植えでは、元肥、追肥とも化成肥料(チッ素N-リン酸P-カリK=8-8-8など)を用いますが、化学肥料は最小限度に抑えて、できるだけ堆肥などの有機物を施すことが大切です。家庭で出る草や生ゴミなどを有効に利用しましょう。鉢植えでは、元肥には有機固形肥料を、追肥には緩効性化成肥料を施します。

病気と害虫

病気:疫病、さび病など
疫病は、主に成熟期に近い果実を侵します。被害を受けた果実は、かびで腐敗したり、ミイラ状になったりします。さび病は、葉の表面に淡褐色の小斑点ができ、その葉裏は黄褐色の粉状になります。葉はやがて枯れ、落葉します。

害虫:カミキリムシ、センチュウなど
カミキリムシは、幼虫が枝や幹に食い入って、枝または木全体を枯らします。大型のクワカミキリと小型のキボシカミキリが主で、特に後者はどこでも食い荒らし厄介です。4月以降に食い入った穴から出るふんを頼りに幼虫を捕殺するか、6月ごろから現れる成虫を捕殺します。家庭でイチジクを栽培するときは、カミキリムシさえ防除していれば、ほかの病害虫には目をつぶっても大丈夫です。

用土(鉢植え)

水はけ、水もちのよいことが大切で、この条件さえ満たせば、土はあまり選びません。一般的な市販の用土を混合して用いる場合は、赤玉土小粒7~8、腐葉土3~2の配合土を用います。

植えつけ、 植え替え

鉢植えの植え替え適期は11月から3月です。根詰まりを防ぎ、通気をよくするのが目的で、鉢の大きさ、生育具合にもよりますが、通常2~3年に1回は必要です。

ふやし方

さし木:前年伸びた枝を2~3節に切って行います。適期は3月から4月。

つぎ木:樹勢の弱い品種で行う場合があります。適期は3月から4月。

主な作業

剪定:適期は12月から2月です。秋果はその年の春から伸びた枝に着果するので、前年枝をどこで切り詰めても問題はありません。しかし、夏果は前年枝に着果し、しかも比較的枝先につくため、枝を切り詰めると着果しません。着果させたい枝は切り詰めないことが大切で、特に夏果専用品種の剪定には注意します。
農家では1~2節で切るぶつ切り剪定が行われますが、その方法は‘桝井ドーフィン’に限られ、日本種などには無理な方法です。家庭では、誘引や間引きを中心に行い、農家のような極端な切り詰めはしないほうがよいでしょう。

摘心、芽かき:5月中旬以降、伸び続ける新梢は、開心自然形の成木では40~50cmで(一文字仕立てなら1.5m程度で)摘心します。また、二度伸びする場合は、芽かきをします。

特徴

イチジクは育てやすく家庭向きの果樹ですが、耐寒性がやや弱く、関東地方北部以北では庭植えでの栽培は難しいようです。また、カミキリムシの被害が多く、ただ植えておくだけでは枯れることが多いので、防除が必要です。
収穫が始まると、毎日少...

種類(原種、園芸品種)

‘桝井ドーフィン’


Ficus carica ‘Masui Dauphine’
最も栽培の多い品種。味はもう一歩だが、大果で収量が多い。青果店に出ているのはほとんどがこの品種。樹勢も強くなく、木の収まりはよい。兼用品種。

日本種(蓬莱柿:ほうらいし)

耐寒性、樹勢ともに強く、収量も多い。味はドーフィンよりよいが、雨により裂果しやすい。熟期はドーフィンよりやや遅い。秋果専用品種。
‘ビオレー・ソリエス’

‘ビオレー・ソリエス’


Ficus carica ‘Violette de Sollies’
‘日本種’に次いで樹勢は強く、熟期は同程度。甘みが強く、裂果は少ない。秋果専用品種で、夏果はとれない。
‘ブラウン・ターキー’

‘ブラウン・ターキー’


Ficus carica ‘Brown Turkey’
樹勢、耐寒性ともに弱く、小さく仕立てられる。兼用品種。小果だが、味はよく、夏果もかなりとれる。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:大坪孝之(おおつぼ・たかゆき)
元東京農業大学助教授。現在は東京農業大学グリーンアカデミー講師。ウメ、リンゴ、柑橘類などの主要果樹はもとより、ブルーベリー、スターフルーツなど小果樹や熱帯果樹にいたるまで、果樹全般にわたり栽培研究の指導を行う。

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

イチジク栽培本の決定版!

「青果店に並ぶ品種が少ない」「栽培は簡単」。まさに家庭で栽培したい果樹、それがイチジクです。本書は、ぜひ食べたい極上品種をたっぷり紹介しつつ、よりおいしい果実を収穫するための毎月の管理・作業を詳しく解説します。ビギナーからマニアまで満足できる、充実のイチジク本。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 実のなる樹はみんな好き♪
    梅 杏 桜桃 李 ブルーベリー 桑 梨 林檎 葡萄 洋梨 無花果 栗 胡桃 等々 実のなる樹は 楽しいですね
  • イチジク!無花果!
    家が狭くて日当たりそこそこ、庭がないので鉢植えしか置けません。それでも初心者は、「とりたての美味しい果物が食べてみたい」と願ってしまうもの。 生育がよいとい...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

沢井製薬
ヤクルト
趣味の園芸バックナンバー
定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

バックナンバー