アンスリウム
お気に入りに登録する

アンスリウムの基本情報

学名:Anthurium
和名:オオベニウチワ(大紅団扇)  その他の名前:アンスリューム

科名 / 属名:サトイモ科 / ベニウチワ属(アンスリウム属)

アンスリウム
アンスリウム・シェルツェリアヌム
アンスリウム
アンスリウム
トリコロール

クリックすると拡大します

アンスリウムとは

特徴

アンスリウムの仲間は、熱帯アメリカから西インド諸島に約600種が分布します。美しく着色するのは仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる部分で、花はひも状の部分(肉穂花序:にくすいかじょ)に多数つき、小さくて目立ちません。長期間楽しめる苞を観賞する鉢花として栽培されるほか、観葉植物として楽しむ種類もあります。
花を楽しむ種類の主な原種は、アンドレアヌム(Anthurium andraeanum)で、その園芸品種は鉢物としてよく出回っているほか、切り花としても利用されています。また光沢のある葉も美しく、ハワイではバレンタインデーに贈る花として人気があります。

基本データ

園芸分類 熱帯植物,観葉植物
形態 多年草 原産地 熱帯アメリカ~西インド諸島
草丈/樹高 30~80cm 開花期 5月~10月
花色 白,赤,ピンク,緑,紫,茶,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 普通
特性・用途 常緑性,開花期が長い,日陰でも育つ
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ‘レッド・チャンピオン’

    Anthurium ‘Red Champion’
    苞が赤色の多花性品種で、中型の鉢物として出回っている。
  • アンスリウム・シェルツェリアヌム

    Anthurium scherzerianum
    美しい花を楽しむ小型の鉢物として流通している。
  • アンスリウム・クラリネリウィウム

    Anthurium clarinerivium
    複雑な模様の葉が美しい。ただし、花にはあまり観賞価値はない。

育て方・栽培方法

アンスリウムの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:小川恭弘(おがわ・やすひろ)
1996年より千葉県館山市の植物園に勤務し、温室植物の育成、管理を中心に、園内の展示全体の進行管理なども担当してきた。観葉植物から花木、果樹まで熱帯植物全般に精通している。日本ハイビスカス協会顧問。

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

育て方、楽しみ方のガイドブック

毎日の管理の基本から、きれいな緑を長く保つためのとっておきのテクニックまで、観葉植物を育てる上で必ず知っておくべきことを1冊に。観葉植物図鑑には、希少なものも含め人気品種を100種以上収載。シーズン別トラブルレスキューも充実。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ガーデニングのあとは

スッキリ&らくらく 快適キッチン術

キッチンを快適に使いこなす方法を紹介! 抽選で10名様に本格・軽量の剪定バサミも当たります。

詳しくはこちら
園芸栽培ノートアンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!