エンジェルストランペット
お気に入りに登録する

エンジェルストランペットの基本情報

学名:Brugmansia
和名:キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)  その他の名前:ブルグマンシア

科名 / 属名:ナス科 / キダチチョウセンアサガオ属

エンジェルストランペット
ブルグマンシア・ウェルシコロル
エンジェルストランペット
‘フロリダ・ピーチ’
エンジェルストランペット

クリックすると拡大します

エンジェルストランペットとは

特徴

エンジェルストランペットは、大きなラッパ状の花がぶら下がるように開花する熱帯花木です。品種によっては夜間、花が香ります。熱帯植物ですが寒さには比較的強く、関東地方のほとんどの地域では地上部が枯れても地下部から芽が出てまた開花します。鉢植えでは大株に仕立てないと花が楽しめず、風で倒れやすいので、庭植えにして楽しむほうがおすすめです。庭植えにして大株にすると、一度に50~100輪ほどのたくさんの花が咲くことがあります。
ただし、すべての部分に強い毒があるので、扱いには十分注意してください。

基本データ

園芸分類 熱帯植物,庭木・花木
形態 低木 原産地 熱帯アメリカ
草丈/樹高 1~3m 開花期 5月~11月
花色 白,ピンク,オレンジ,黄 栽培難易度(1~5)
耐寒性 やや弱い 耐暑性 普通
特性・用途 開花期が長い,香りがある,初心者でも育てやすい
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ブルグマンシア・スアウェオレンス

    Brugmansia suaveolens
    白花の原種で、花には強い芳香がある。
  • ブルグマンシア・ウェルシコロル

    Brugmansia versicolor
    花が咲き進むにつれて淡橙色からあんず色に変化する原種で、花に芳香がある。バーシカラーとも呼ばれる。
  • ‘ヴァリエガタ’

    Brugmansia ‘Variegata’
    葉の縁に白斑が入る品種。花は白色であまり花つきはよくない。

育て方・栽培方法

エンジェルストランペットの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:小川恭弘(おがわ・やすひろ)
1996年より千葉県館山市の植物園に勤務し、温室植物の育成、管理を中心に、園内の展示全体の進行管理なども担当してきた。観葉植物から花木、果樹まで熱帯植物全般に精通している。日本ハイビスカス協会顧問。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

樹種の選び方でもっと広がる

緑のある暮らし

資料請求いただいた方の中から抽選で10名様に「アオダモの苗木」をプレゼント!

詳しくはこちら
山歩きをもっと快適に
プレゼント&アンケート
テキストこぼれ話
園芸・ガーデニング作業の基本
寄せ植えコンテスト
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!