オリヅルラン
お気に入りに登録する

オリヅルランの基本情報

学名:Chlorophytum
和名:オリヅルラン(折鶴蘭)  

科名 / 属名:キジカクシ科 / オリヅルラン属(クロロフィツム属)

オリヅルラン
ナカフヒロハオリヅルラン
オリヅルラン
ソトフオリヅルラン
オリヅルラン

クリックすると拡大します

オリヅルランとは

特徴

オリヅルラン(Chlorophytum comosum)は、緑色の葉に白色の外斑や中斑が入り、花後の花茎には子株がつきます。ミニ観葉や鉢植え、吊鉢などにして楽しめます。丈夫で育てやすく、葉が硬いタイプは庭植えにもできます。この仲間はアフリカとインドを中心とした熱帯に約150種が分布しています。
一般に流通しているのは、ソトフオリヅルラン(C. comosum ‘Variegatum’)、ナカフヒロハオリヅルラン(C. comosum ‘Picturatum’)です。また、近年出回っているものに‘ボニー’(C. comosum ‘Bonnie’)、種名が不明の‘シャルロット’(C. sp. ‘Charlotte’)があります。また、オリヅルランとは種が異なるシャムオリヅルラン(C. laxum ‘Bichetii’)は花後に子株をつけず、冬に休眠して葉が枯れます。

※科名:リュウゼツラン科、ユリ科で分類される場合もあります。

基本データ

園芸分類 観葉植物
形態 多年草 原産地 アフリカとインドを中心とした熱帯
草丈/樹高 5~30cm 栽培難易度(1~5)
耐寒性 やや弱い 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,日陰でも育つ,初心者でも育てやすい
植物図鑑の見方

種類(原種、園芸品種)

  • ソトフオリヅルラン

    Chlorophytum comosum ‘Variegatum’
    葉が硬く、緑色地に乳白色の覆輪斑が入る品種。
  • ナカフオリヅルラン

    Chlorophytum comosum ‘Vittatum’
    硬い葉の中央部に乳白色の斑が入る品種。
  • ナカフヒロハオリヅルラン

    Chlorophytum comosum ‘Picturatum’
    葉は柔らかく、中央部に大きく乳白色の斑が入る品種。
  • シャムオリヅルラン

    Chlorophytum laxum ‘Bichetii’
    葉は濃緑色地で、乳白色の覆輪斑が入る種類。冬に葉が枯れる。
  • ‘シャルロット’

    Chlorophytum sp. ‘Charlotte’
    葉は薄く濃緑色地に淡黄色の中斑が入る。
  • ‘ボニー’

    Chlorophytum comosum ‘Bonnie’
    葉はナカフオリヅルランと同様だが、葉が内側にカールしているのが特徴。

育て方・栽培方法

オリヅルランの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:尾崎 章(おざき・あきら)
千葉県の植物園、南房パラダイスでの20年の勤務を経て独立。現在は熱帯植物の専門ナーセリー、エクゾティックプランツを営む。熱帯・亜熱帯原産の植物を収集し、3000種以上を扱っている。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • どなたかもらって~種・株分け~
    我が家の母は良く果物から発芽させるわ 採ってきた花から根が付くという稀にみる。 雑草根性をもつ植物のブリーダー(?)(笑) 切った豆苗を水につけて再生してみたり...

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

育て方、楽しみ方のガイドブック

毎日の管理の基本から、きれいな緑を長く保つためのとっておきのテクニックまで、観葉植物を育てる上で必ず知っておくべきことを1冊に。観葉植物図鑑には、希少なものも含め人気品種を100種以上収載。シーズン別トラブルレスキューも充実。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ハイポネックス ジャパンの吉田健一さんによる「失敗を少なくするガーデニングの基礎知識」
熱気ある講演会当日の様子をレポート!
聞き手:三上真史さん
詳しくはこちら
プレゼント&アンケート