コデマリ
お気に入りに登録する

コデマリの基本情報

学名:Spiraea cantoniensis
和名:コデマリ(小手毬)  その他の名前:スズカケ(古名)

科名 / 属名:バラ科 / シモツケ属

コデマリ
コデマリ
コデマリ

クリックすると拡大します

コデマリとは

特徴

コデマリは、細い枝や葉が見えなくなるほど白い多数の花を咲かせ、枝垂れる姿がとても見事で、庭木や切り花として利用される、春を代表する花木です。同じ仲間のユキヤナギよりも遅く、赤褐色の新梢が伸びたあと、4月から5月に開花します。
コデマリの属するシモツケ属は、シモツケやユキヤナギなど、小型で丈夫な育てやすい観賞価値の高い花木が含まれる重要なグループで、北半球の温帯に100種ほどが分布します。
コデマリは古く中国から渡来し、江戸時代初期から観賞用に栽培されてきました。和名は花の集まり(花序)を、小型の手まりに見立てたものです。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 低木 原産地 中国南東部
草丈/樹高 1~1.5m 開花期 4月中旬~5月中旬
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,耐寒性が強い,初心者でも育てやすい
植物図鑑の見方

種類(原種、園芸品種)

  • ヤエコデマリ

    Spiraea cantoniensis f. plena
    コデマリの八重咲き品種。
  • シジミバナ

    Spiraea prunifolia
    コデマリとは別種だが、よく似た白色の八重咲きの花を咲かせる。コデマリよりも葉の幅が広く、花穂はユキヤナギのように長くなる。中国原産で、日本でも古くから栽培されている。

育て方・栽培方法

コデマリの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:倉重祐二(くらしげ・ゆうじ)
赤城自然園(群馬県)を経て、現在新潟県立植物園副園長。専門はツツジ属の栽培保全や系統進化、園芸文化史。著書に『よくわかる栽培12か月 シャクナゲ』『よくわかる土・肥料・鉢』(以上NHK出版)、『増補原色日本産ツツジ・シャクナゲ大図譜』 (改訂増補、誠文堂新光社)など。みんなの趣味の園芸に植物園日記を執筆中。

そだレポ(栽培レポート)

そだレポの投稿はまだありません。
コデマリを育てたことがある方は、ぜひその経験を皆さんにご紹介してください。

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません