ラナンキュラス
お気に入りに登録する

ラナンキュラスの基本情報

学名:Ranunculus asiaticus
和名:ハナキンポウゲ(花金鳳花)  

科名 / 属名:キンポウゲ科 / キンポウゲ(ラナンキュラス)属

ラナンキュラス
ラナンキュラス
ラナンキュラス

クリックすると拡大します

ラナンキュラスとは

特徴

ラナンキュラスは幾重にも重なった、明るい花弁が魅力的な秋植え球根です。近年、切り花用品種を中心に改良が急激に進み、花色だけでなく花形も変化に富んだ品種、香りのよい品種が登場しています。
キンポウゲ(ラナンキュラス)属の植物は約500種ありますが、「ラナンキュラス」と呼ばれているのは、中近東からヨーロッパ南東部にかけての、地中海性気候の地域に分布するラナンキュラス・アシアティクスを中心に改良された園芸品種です。秋から春にかけて生育し、高温になる夏には休眠します。
「ラナンキュラス」はカエルを意味していますが、これはこの属の多くの種が湿った場所に生えるからです。しかし、ラナンキュラス・アシアティクスは多湿にならない水はけのよい場所を好みます。

基本データ

園芸分類 草花,球根
形態 多年草 原産地 中近東からヨーロッパ南東部
草丈/樹高 30~50cm 開花期 3月~5月
花色 黄,白,赤,ピンク,複色,紫,緑,オレンジ 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通 耐暑性 弱い(暑くなると休眠)
特性・用途 なし
植物図鑑の見方

種類(原種、園芸品種)

  • 「ビクトリア」グループ

    Ranunculus asiatics Victoria Group
    生育が早く、花もたくさん咲く草丈の低い定番シリーズ。
  • ‘サロニカの虹’

    複色花。草丈が高くなるので切り花にもできる。切り花にする場合は、一度しっかり開いたものを切り取る。
  • ‘マシェ’

    花首が太くしっかりしており、鉢物で多く流通している。

育て方・栽培方法

ラナンキュラスの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:奥 隆善(おく・たかよし)
千葉大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了後、植物の育種の道へ。チョコレートコスモスやカランコエなどの草花から、ハクサイなどの野菜まで幅広く手がける、気鋭の育種家。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません