アメリカノリノキ‘アナベル’
お気に入りに登録する

アメリカノリノキ‘アナベル’の基本情報

学名:Hydrangea arborescens ‘Annabelle’
和名:アメリカノリノキ、アナベル  その他の名前:ハイドランジア・アルボレスケンス‘アナベル’

科名 / 属名:アジサイ科 / アジサイ属(ハイドランジア属)

アメリカノリノキ‘アナベル’
アメリカノリノキ‘アナベル’
アメリカノリノキ‘アナベル’
アメリカノリノキ‘ヘイズ・スターバースト’

クリックすると拡大します

アメリカノリノキ‘アナベル’とは

特徴

アメリカノリノキ‘アナベル’は、北アメリカ東部原産のアジサイの仲間です。アジサイは知らない人がいないほど身近な花木で、梅雨どきの風物詩にもされています。アジサイやガクアジサイは日本原産種が改良されたものですが、近年、見慣れたこれらのアジサイのほかに、真っ白で非常に大きな花房のアメリカノリノキの園芸品種‘アナベル’や、円錐形の花房とカシワのように深く裂けた葉が特徴の、カシワバアジサイが人気を集めています。ここでは、前者について解説します。
アメリカノリノキの野生種は、小さな装飾花がまばらな額縁状につくため、観賞価値はさして高くありません。しかし、園芸品種の‘アナベル’は、装飾花が多く手まり状になり、花房は直径30cmに達します。近年は、ピンク色の‘アナベル’も発表されています。
‘アナベル’は、日本のアジサイと同様に栽培が容易で、特別な管理をしなくても、毎年よく開花します。ほかのアジサイの仲間が、前年の夏に花芽がつくられるのとは違い、‘アナベル’は春に花芽ができ、その年の夏に開花するので、冬でも剪定できます。

※科名:ユキノシタ科で分類される場合もあります。

●関連図鑑
アジサイ
カシワバアジサイ
ヤマアジサイ
ノリウツギ

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 低木 原産地 北アメリカ東部
草丈/樹高 1~1.5m 開花期 6月~7月
花色 白,ピンク 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,耐寒性が強い,開花期が長い,半日陰でも育つ
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ピンクのアナベル

    Hydrangea arborescens ‘NCH 1’
    ‘アナベル’のピンク色の新品種。花芽は開花する年に伸びた枝につくので、冬でも剪定できる。一般のアジサイと同様に栽培する。

育て方・栽培方法

アメリカノリノキ‘アナベル’の栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:倉重祐二(くらしげ・ゆうじ)
赤城自然園(群馬県)を経て、現在新潟県立植物園副園長。専門はツツジ属の栽培保全や系統進化、園芸文化史。著書に『よくわかる栽培12か月 シャクナゲ』『よくわかる土・肥料・鉢』(以上NHK出版)、『増補原色日本産ツツジ・シャクナゲ大図譜』 (改訂増補、誠文堂新光社)など。みんなの趣味の園芸に植物園日記を執筆中。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

抽選で合計40名様に当たる!

アースガーデン
アンケートプレゼント

皆さまの声をお寄せください☆
締切:9月4日(月)まで

詳しくはこちら

樹種の選び方でもっと広がる

緑のある暮らし

資料請求いただいた方の中から抽選で10名様に「アオダモの苗木」をプレゼント!

詳しくはこちら
プレゼント&アンケート
テキストこぼれ話
園芸・ガーデニング作業の基本
寄せ植えコンテスト
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!