プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)
お気に入りに登録する

プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)の育て方・栽培方法

プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)
プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)
プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)

クリックすると拡大します

栽培カレンダー

*関東地方以西基準

基本データ

園芸分類 草花
形態 多年草(一年草扱い) 原産地 ヨーロッパ
草丈/樹高 5~20cm 開花期 11月~4月
花色 紫,赤紫,黄,オレンジ,赤,ピンク,白,青,薄い青,レンガ色,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 やや弱い 耐暑性 やや弱い
特性・用途 常緑性,開花期が長い

育て方のポイント

栽培環境・日当たり・置き場

鉢植えの場合は、夏にタネをまいてできた苗を、秋の彼岸までは半日陰で管理し、それ以後は日なたで管理します。寒風に当てなければ戸外で冬越しさせることもできますが、凍ると花が傷むので、霜の当たらない軒下で管理しましょう。
厳寒期に入手した開花鉢は、室内の日当たりのよい場所で管理します。室温が高いと花が早く終わってしまうので、日中は風通しのよい、加温していない室内に置きましょう。開花中に大きめの鉢に植え替えて夏までに株を充実させ、夏は雨の当たらない涼しい半日陰で管理し、秋以降は再び日なたに戻します。
庭植えの場合は夏に日陰になる、落葉樹の株元を選んで植えつけます。

水やり

鉢植えの場合は用土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。開花中は株の中心や葉の間、花に水がたまらないように注意して、株元の用土に直接、与えます。庭植えの場合は、特に水やりの必要はありません。

肥料

10月から4月は、緩効性化成肥料(N-P-K=12-12-12など)を施してください。次々に花を咲かせるにはたくさんの養分が必要です。11月から4月の開花期は液体肥料(N-P-K=6-10-5など)も施し、肥料切れさせないようにしましょう。夏越し中の5月から7月と9月は、規定の濃度よりも薄めの液体肥料を施します。

病気と害虫

病気:灰色かび病
灰色かび病は低温多湿になると発生するので、晩秋から春まで注意が必要です。花がらをこまめに取り除いて、風通しをよくすると、発生が抑えられます。葉が込み合うと、株元が蒸れやすくなって発生しやすくなります。小さな鉢植えは生育促進も兼ねて、11月から5月に鉢増ししておくとよいでしょう。

害虫:アブラムシ、ヨトウムシ、ナメクジ
アブラムシが生育期間を通じて発生します。よく観察して、株についたアブラムシを冬のうちに防除しておくと、春以降の発生が少なくなります。
ヨトウムシは春から秋にかけて発生します。大きくなると、日中は用土の中や株元に隠れる性質があります。少しでも葉が食害されていたら、夜に見回って捕殺するなど防除に勤めます。
ナメクジは夜行性です。見つけしだい捕殺します。

用土(鉢植え)

水はけと水もちのよい、有機物の多い用土を好みます。赤玉土中粒5、腐葉土3、酸度調整済みピートモス2の配合土などに、リン酸分の多い緩効性化成肥料(N-P-K=6-40-6など)を適量混ぜるとよいでしょう。

植えつけ、 植え替え

適期は9月です。夏越しさせた株は少し涼しくなる、秋の彼岸ごろに植え替えます。鉢から抜いた株は用土を落として1~3芽ずつに分け、新しい用土で植えつけてください。植えつけ後は1~2週間ほど日陰に置き、新葉が伸び始めたら日なたへ移動させます。

ふやし方

タネまき:適期は6月から7月です。赤玉土小粒とバーミキュライトの等量配合土など、水もちのよい用土に、タネが重ならないようにまきます。発芽には光が必要なので、覆土はしません。幼苗期はナメクジに注意が必要です。秋の9月から10月に、3号程度の鉢に鉢上げします。肥料は薄めの液体肥料(N-P-K=6-10-5など)を施します。

株分け:適期は9月です。植え替えの際に1~3芽に分けます。

主な作業

花がら摘み:灰色かび病の原因になるので、12月から4月まで花がらをこまめに取り除きます。

鉢増し:11月から5月に2回り大きな鉢に鉢増しを行います。成長が促されて株が大きくなり、たくさんの花を咲かせるようになります。厳寒期に鉢増しした場合は、霜で株が持ち上げられることがあるので、見つけしだい、手で押さえて植え直しておきましょう。

特徴

プリムラ・ポリアンサはヨーロッパ原産のP・エラチオール(Primula elatior)、P・ブルガリス(P. vulgaris)、P・べリス(P. veris)などが交雑されて育成された品種群で、1950年代にアメリカで育成された大輪品種...

種類(原種、園芸品種)

‘オータム・センセーション’

‘オータム・センセーション’


‘Autumn Sensation’
極早生で、秋から春まで咲き続ける。寒さにも強い。
セブンティー・シリーズ

セブンティー・シリーズ


Seventy Series
12月から咲き始める、早生のカラフルなシリーズ。花径約6cm。
F1レインボー混合

F1レインボー混合


F1 Rainbow Mixed
フリルの入った花弁が美しい優雅なシリーズ。花色には濃淡があり、シェードカラーと呼ばれる。花径4〜5cmの中輪。

F1クラウディア・シリーズ


F1 Claudia Series
赤、オレンジ色、黄、ピンクの暖色系の中輪バラ咲きシリーズ。開花は少し遅い。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:奥 隆善(おく・たかよし)
千葉大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了後、植物の育種の道へ。チョコレートコスモスやカランコエなどの草花から、ハクサイなどの野菜まで幅広く手がける、気鋭の育種家。

プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)のそだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』2月号~主役はクリスマスローズ

注目品種やラクラク栽培法、葉の楽しみ方などクリロー情報が満載! オージープランツ特集も。

テキストこぼれ話

大和園のやさしいクリスマスローズができるまで~2月号こぼれ話・前編

大和園の2代目・佐藤尚史さんが登場。テキストに掲載しきれなかったクリスマスローズも!

『やさいの時間』

『やさいの時間』2・3月号~どっさり収穫を目指す

春準備編として、石灰・堆肥・肥料の選び方を解説。タネから始める苗作りの方法も!

プレゼント

【会員限定】「クリスマスローズの世界展」招待券をプレゼント!

2/18~20に開催されるイベントの招待券を抽選で5組10名様にプレゼントします《1/31締切》

新着日記写真
ロウバイと多肉...
2022/01/25

2022/01/25
プリムラジュリ...
2022/01/25
大黄花片喰 202...
2022/01/25
曇りのち晴れ
2022/01/25
発芽
2022/01/25
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!