ユリ(百合)
お気に入りに登録する

ユリ(百合)の基本情報

学名:Lilium
和名:ユリ(百合)  

科名 / 属名:ユリ科 / ユリ属

ユリ(百合)
‘ソルボンヌ’
ユリ(百合)
‘カサブランカ’
ユリ(百合)
‘コンカドール’

クリックすると拡大します

ユリ(百合)とは

特徴

ユリは花姿や草姿、開花期などがさまざまで、多くの園芸品種があります。減少したとはいえ、日本には、ヤマユリやササユリ、テッポウユリなどが野山に自生しており、古くから愛されてきました。庭植え、鉢植え、切り花に加え、ゆり根を食用にするなど、さまざまな楽しみ方があります。
交配してつくられた品種には、大きく分けて、オリエンタル系(オリエンタル・ハイブリッド)とスカシユリ系(アジアティック・ハイブリッド)の2つの系統があり、このほかテッポウユリ系やササユリやヒメサユリなどの野生種がよく栽培されています。晩夏に咲くタカサゴユリは台湾原産ですが、日本の道端などで旺盛に繁殖しているのをよく見かけます。
球根は外皮で覆われていないため乾燥に弱く、市販される球根はピートモスやおがくずなどに包まれています。球根の下から根がよく伸びているものがよい球根で、鱗片が乾燥してしなびている球根は選んではいけません。購入後は球根を乾燥させないよう速やかに植えつけましょう。

●関連図鑑
ヤマユリ
ヒメサユリ

基本データ

園芸分類 球根
形態 多年草 原産地 北半球の温帯地域
草丈/樹高 50~200cm 開花期 5月下旬~6月上旬(スカシユリ系)、6月中・下旬(テッポウユリ)、7月中・下旬(オリエンタル系)
花色 白,赤,ピンク,オレンジ,黄,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 普通
特性・用途 初心者でも育てやすい
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ‘エンチャントメント’

    Lilium ‘Enchantment’
    スカシユリ系。斑点のあるオレンジ色の花が上向きに咲く。鉢植えにも庭植えにもできる。ムカゴをつけ、よくふえる。
  • ‘コネチカット・キング’

    Lilium ‘Connecticut King’
    スカシユリ系。まぶしいほどの黄色の花で、花弁の基部がややオレンジ色を帯びる。花つきがよい。
  • テッポウユリ

    Lilium longiflorum
    屋久島から琉球の島々に自生。純白の花で、花筒の先がラッパ状に反り、やや下向きまたは横向きに3〜6輪を咲かせる。‘ひのもと’など多くの園芸品種がある。
  • ‘スター・ゲイザー’

    Lilium ‘Star Gazer’
    オリエンタル系。濃赤色の大輪の花。オリエンタル系品種の改良のもとになった銘花。
  • ‘カサブランカ’

    Lilium ‘Casa Blanca’
    オリエンタル系の銘花。純白で、直径が20cm以上にもなる大輪花。丈夫で育てやすい。
  • ササユリ

    Lilium japonicum
    伊豆半島以西の本州および四国、九州の一部にだけ自生。6月ごろ、細くてしなやかな茎に淡いピンク色の花をやや下向きに咲かせる。
  • コオニユリ

    Lilium leichtlinii var. maximowiczii
    北海道と沖縄を除く全国に自生。オレンジ色の花弁に褐色の斑点がある花を7月中旬に咲かせる。草丈2mほど。食用ユリ(ゆり根)として利用される。

育て方・栽培方法

ユリ(百合)の栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:島田有紀子(しまだ・ゆきこ)
広島市植物公園に勤務。ベゴニアやペラルゴニウムの仲間などを担当し、保有する豊富な野生種をもとに、耐暑性、耐寒性のあるベゴニアの育種に取り組む。それに止まらず、幅広い植物に精通している。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

『やさいの時間』3月号アンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
園芸をもっと楽しく、資料請求
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

畑自慢・やさい自慢
畑自慢・やさい自慢
自慢の畑・野菜の写真を募集中!