シュウメイギク
お気に入りに登録する

シュウメイギクの基本情報

学名:Anemone hupehensis ほか(Hybridも含む)
和名:シュウメイギク(秋明菊)  その他の名前:キブネギク、秋牡丹

科名 / 属名:キンポウゲ科 / イチリンソウ属(アネモネ属)

シュウメイギク
シュウメイギク
ハドスペングループ‘ダイアナ’
シュウメイギク
‘オナリン・ジョバート’

クリックすると拡大します

シュウメイギクとは

特徴

シュウメイギクは秋の風情を感じさせる優雅な花で、切り花をはじめ、花壇や鉢植えに広く利用されています。わが国へは古い時代に中国から入り、京都の貴船地方に野生化したものが見られます。これがキブネギク(Anemone hupehensis)で、本来のシュウメイギクです。ただし、現在は類似のいくつかの種や、これらの交配種も含めて、総称的にシュウメイギクと呼ばれています。早春に咲くイチゲの類と同じアネモネ属の植物ですが、性質はかなり異なり、半常緑性の大型の多年草で、地中の根は太く長く伸びて、いたるところから不定芽を出してふえます。夏の終わりごろから花茎が伸び出し、先端にまず1輪、そしてその両わきに1輪ずつ、さらにそのわきというように順に花を咲かせます。花びらのように見えるのは萼片で、花弁は退化しています。開花後は綿毛に包まれたタネが実りますが、品種によってはタネのできないものもあります。

基本データ

園芸分類 草花
形態 多年草 原産地 中国、台湾
草丈/樹高 30~150cm 開花期 8月中旬~11月
花色 白,ピンク 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 普通
特性・用途 半常緑性,耐寒性が強い,日陰でも育つ
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • キブネギク

    濃いローズ色で八重咲き。
  • ‘ダイアナ’

    濃桃色で一重咲き。
  • 「まつり」シリーズ

    小輪多花性でコンパクトな草姿。
  • 白花八重咲き

  • 桃花八重咲き

  • 桃花一重咲き

育て方・栽培方法

シュウメイギクの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:小黒 晃(おぐろ・あきら)
種苗会社ミヨシで、主に宿根草の導入、試作に携わっている。また、一般公開をしている宿根草ガーデンの管理を担当している。日本における、宿根草全般の栽培特性に造詣が深い。

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

日陰をいかす美しい庭
日陰をタイプ別に理解!

住宅周りにある日陰のスペースを、日の当たる時間などから4つのタイプに分けて解説。それぞれの日陰の特徴と、その日陰を改善する方法、植えられる植物を提案する。「日陰で育つ植物図鑑」の項では、約80種類を紹介。デッドスペースだった場所が、見応えのある植栽に変わる一冊。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸12月号アンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
テキストこぼれ話
テキストこぼれ話
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!