スモークツリー
お気に入りに登録する

スモークツリーの基本情報

学名:Cotinus coggygria
和名:ケムリノキ(煙の木)  その他の名前:ハグマノキ(白熊の木)

科名 / 属名:ウルシ科 / ハグマノキ属

スモークツリー
‘ロイヤル・パープル’
スモークツリー
‘フレーム’
スモークツリー
‘フレーム’

クリックすると拡大します

スモークツリーとは

特徴

スモークツリーはウルシ属に近縁な、雌雄異株の落葉樹です。初夏に咲く花木の代表で、ヨーロッパから中国に分布します。雌木の枝先につく花序は長さ約20cmで多数枝分かれし、花後に伸びた花柄が遠くからは煙がくすぶっているように見えます。雄木は花序が短く、煙状にはなりません。横に広い円形の樹形が美しく、秋の紅葉も楽しむことができます。
銅葉や黄葉の園芸品種も栽培されています。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 高木 原産地 ヨーロッパ、ヒマラヤ地域、中国
草丈/樹高 3~4m 開花期 6月~8月
花色 緑,赤 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,耐寒性が強い,開花期が長い,カラーリーフ
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ‘ロイヤル・パープル’

    Cotinus coggygria‘Royal Purple’
    葉が紫色の品種。秋には赤みを帯びて美しく紅葉する。
  • ‘フレーム’

    Cotinus‘Flame’
    ケムリノキ属の交雑種。生育おう盛。葉はスモークツリーよりも大きく、オレンジ赤色に紅葉する。煙状の花序はピンクがかった赤色。
  • ‘グレース’

    Cotinus‘Grace’
    ケムリノキ属の交雑種。葉色は‘ロイヤル・パープル’に似た赤紫色。生育おう盛。花序は赤色で煙状になる。

育て方・栽培方法

スモークツリーの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:倉重祐二(くらしげ・ゆうじ)
赤城自然園(群馬県)を経て、現在新潟県立植物園副園長。専門はツツジ属の栽培保全や系統進化、園芸文化史。著書に『よくわかる栽培12か月 シャクナゲ』『よくわかる土・肥料・鉢』(以上NHK出版)、『増補原色日本産ツツジ・シャクナゲ大図譜』 (改訂増補、誠文堂新光社)など。みんなの趣味の園芸に植物園日記を執筆中。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

『やさいの時間』3月号アンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
園芸をもっと楽しく、資料請求
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

畑自慢・やさい自慢
畑自慢・やさい自慢
自慢の畑・野菜の写真を募集中!