ヒポエステス
お気に入りに登録する

ヒポエステスの基本情報

学名:Hypoestes
和名:ソバカスソウ  

科名 / 属名:キツネノマゴ科 / ヒポエステス属

ヒポエステス
ヒポエステス・フィロスタキア‘ホワイト・スポット’
ヒポエステス
ヒポエステス・フィロスタキア‘ローズ・スポット’
ヒポエステス
ヒポエステス・フィロスタキア‘ピンク・スプラッシュ’

クリックすると拡大します

特徴

ヒポエステスはユーラシアやアフリカ、オーストラリアの熱帯に約40種が自生しますが、一般に栽培されているのはヒポエステス・フィロスタキア(Hypoestes phyllostachya)です。これはマダガスカル原産の常緑の低木で、高さ1m以上になります。葉は卵形で緑色、全面に赤色、桃色、白色の斑やスポット状の斑点が入ることから、和名でソバカスソウとも呼ばれます。冬から春に上部の葉のわき付近に紅紫色の花を1つずつ咲かせます。
品種に、葉に白色の斑点が入る‘ホワイト・スポット’(H.phyllostachya‘White Spot’)、赤色の斑点が入る‘ローズ・スポット’(H.phyllostachya‘Rose Spot’)、桃色の大きな斑が入る‘ピンク・スプラッシュ’(H.phyllostachya‘Pink Splash’)などがあります。
観賞用にはタネから育てた5~10cmの株が用いられ、ミニ観葉や寄せ植え材料などに利用します。

基本データ

園芸分類 観葉植物
形態 低木 原産地 ユーラシア、アフリカ、オーストラリアの熱帯
草丈/樹高 5~100cm 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,カラーリーフ,寄せ植え,ハンギングバスケット
植物図鑑の見方

種類(原種、園芸品種)

  • ヒポエステス・フィロスタキア‘ホワイト・スポット’

    Hypoestes phyllostachya ‘White Spot’
    葉に白い斑点が入る品種。
  • ヒポエステス・フィロスタキア‘ローズ・スポット’

    Hypoestes phyllostachya ‘Rose Spot’
    葉に桃色の斑点が入る品種。
  • ヒポエステス・フィロスタキア‘ピンク・クッション’

    Hypoestes phyllostachya ‘Pink Cushion’
    葉にピンク色の斑が広がる品種。

育て方・栽培方法

ヒポエステスの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:尾崎 章(おざき・あきら)
千葉県の植物園、南房パラダイスでの20年の勤務を経て独立。現在は熱帯植物の専門ナーセリー、エクゾティックプランツを営む。熱帯・亜熱帯原産の植物を収集し、3000種以上を扱っている。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

秋のガーデニングに変化のきざし?

プレマムの秋がやってきた!

投票してプレゼントを当てよう!

プレマム総選挙実施中!

詳しくはこちら
ご利用に関するアンケート
寄せ植えコンテスト結果発表
プレゼント&アンケート
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

畑自慢・やさい自慢
畑自慢・やさい自慢
自慢の畑・野菜の写真を募集中!