パンジー、ビオラ
お気に入りに登録する

パンジー、ビオラの基本情報

学名:Viola

科名 / 属名:スミレ科 / スミレ属

パンジー、ビオラ
パンジー、ビオラ
パンジー、ビオラ
パンジー「ピカソ」シリーズ‘ローズ・ブロッチ’

クリックすると拡大します

特徴

パンジー、ビオラは、ヨーロッパに自生する野生種から育種され、かつては大輪のものをパンジー、小輪で株立ちになるものをビオラと呼んで区別していましたが、現在は複雑に交雑された園芸品種が登場し、区別できなくなっています。
野生種や初期の品種は、冬の低温にあったのちに、長日下で開花する性質をもっていました。しかし現在は、その性質が弱まり、秋から春まで長期間咲く品種が多く、殺風景になりがちな冬のガーデンになくてはならない存在になりました。
園芸店には10月になるとポット苗が並ぶようになりますが、気温の高い時期から育てると徒長したり、蒸れたりするため、10月下旬から11月になってから購入して植えつけるのがよいでしょう。

基本データ

園芸分類 草花
形態 一年草 原産地 ヨーロッパ
草丈/樹高 10~30cm 開花期 10月下旬~5月中旬
花色 白,赤,ピンク,オレンジ,黄,青,紫,茶,黒,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 弱い
特性・用途 開花期が長い,初心者でも育てやすい
植物図鑑の見方

種類(原種、園芸品種)

  • 「よく咲くスミレ」シリーズ

    Yokusaku Sumire Series
    パンジー。花つきと株張りがたいへんよく、冬の間も次々に咲く。径30cmほどのボールプランターに1株植えで見ごたえがある。
  • ‘モルフォ’

    ‘Morpho’
    パンジー。青と黄色の色合いが印象的。花径は6cmほどの中輪系。
  • 「フルーナ」シリーズ

    Fluna Series
    ビオラ。花弁がやや厚く、冬に霜が降りても傷みにくい。気温が上昇する2月から3月からはますます成長し、大株に広がる。単色のほか、日ごとに花色が変化する品種もある。
  • 「ペニー」シリーズ

    Penny Series
    ビオラ。花つきと花ぞろいがたいへんよく、気温が上昇する2月から3月からはますます成長し、大株に広がる。花色が鮮やかで個性的。
  • 「ビオレット」シリーズ

    Violet Series
    這い性ビオラ。株が横に張って広がっていくので、ハンギングバスケット植えやグラウンドカバーとしても利用できる多花性で丈夫。
  • 「ビビ」シリーズ

    Vivi Series
    ビオラ。丈夫で育てやすい。花色には珍しいアンティークのものやパステル調がある。
  • 「ソルベ」シリーズ

    Sorbet Series
    ビオラ。秋から連続して開花する。花弁にひげやストライプ、ブロッチが入るものや、花色が日ごとに変化するものなど、個性派ぞろい。

育て方・栽培方法

パンジー、ビオラの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:島田有紀子(しまだ・ゆきこ)
広島市植物公園に勤務。ベゴニアやペラルゴニウムの仲間などを担当し、保有する豊富な野生種をもとに、耐暑性、耐寒性のあるベゴニアの育種に取り組む。それに止まらず、幅広い植物に精通している。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 趣味園グランプリ[i:150]
    植物のタイミングに合わせて競技会、展覧会仕立てにしたトピックスにして、同じテーマでアップしあいましょう。基本的には見せ合いっこになると思いますが、どなたでも...
  • 青の憧れ
    どうしてクリスマスローズやダリヤ、シャコバサボテンに青がないのでしょう。青いカトレア、あったら素敵ですね。 デルヒニューム、シアノクロッカス、ビオラ、クリト...
  • パンジー・ビオラ
    秋から春の庭を彩るパンジー・ビオラについて語りましょう。 挨拶・自己紹介等はこちらへお願いします。 http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_c_topic_detail&tar...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

プレゼント&アンケート