バラ(ミニバラ)
お気に入りに登録する

バラ(ミニバラ)の基本情報

学名:Rosa
和名:バラ(薔薇)  その他の名前:ミニバラ、姫バラ、ミニチュア・ローズ、パティオ・ローズ(一部の品種)、マイクロ・ミニ(一部の品種)

科名 / 属名:バラ科 / バラ属

バラ(ミニバラ)
‘グリーン・アイス’
バラ(ミニバラ)
‘ストレンジ・ミュージック’
バラ(ミニバラ)
‘薔薇の海’

クリックすると拡大します

バラ(ミニバラ)とは

特徴

バラは樹形から、木立ち性(ブッシュ・ローズまたは木バラ)、半つる性(シュラブ・ローズ)、つる性(つるバラまたはクライミング・ローズ)の3タイプに分けられます。
ミニバラは、木立ち性で、ロサ・キネンシス‘ミニマ’(チャイナ系オールドローズ)の小型の性質を受け継ぐバラです。コンパクトな株に極小輪から中小輪の花を咲かせ、環境がよければ、春から秋まで咲き続けます。花色も豊富です。香りは品種によっては強弱がありますが、他系統に比べると芳香性品種は少ないようです。株は自立し、品種によって大小あり、樹形も直立性から横張り性までといろいろです。近年はフロリバンダ系などと交雑された大型のミニバラが、パティオ・ローズもしくはミニ・フローラなどと呼ばれることがあります。苗は秋に地掘り苗の大苗が、春にはポット植えの新苗(若苗)が流通し、専門店では年間を通して鉢植えの苗が販売されています。また、これとは別にさし木の開花株が1年を通して流通しています。

●関連動画
ミニシュラブ・ローズの冬剪定
バラの冬剪定 作業の流れを全部見せます編

●バラの達人によるサイト限定コラム(全3回)
「元気のないバラの株を元気にする用土」
「新苗の上手な選び方」
「つぎ木~ロサ・ラクサで試してみた」

●関連図鑑
バラ(ブッシュ・ローズ)
バラ(シュラブ・ローズ)
バラ(つるバラ)

●関連特集
みんなのバラ百科

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 低木 原産地 アジア、ヨーロッパ、中近東、北アメリカ、アフリカの一部
草丈/樹高 0.1~1m(品種によって異なる) 開花期 5月中旬~6月上旬(主な開花期)、6月中旬~11月(繰り返し開花)
花色 白,赤,ピンク,オレンジ,黄,紫,茶,黒,緑,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い~やや弱い(枝が細いこともあり、全般的にほかのバラよりやや弱い) 耐暑性 強い~やや弱い(一部の品種)
特性・用途 落葉性,開花期が長い,香りがある,耐寒性が強い,初心者でも育てやすい
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ‘グリーン・アイス’

    ‘Green Ice’
    ロゼット咲きで淡ピンクから緑色に変化。房になり、花つきと花もちがよい。やや遅咲き。枝はしなやかでやや下垂し、ハンギングにも利用できる。黒星病に強く、初心者向き。
  • ‘リトル・アーチスト’

    ‘Little Artist’
    赤に弁裏が白で、ときに弁縁に白い糸覆輪が現れる。半八重咲き。房になり、花つきがよい。花もちは悪いが、四季咲き性で次々と咲く。黒星病とうどんこ病に耐性がある。
  • ‘テディ・ベア’

    ‘Teddy Bear’
    濃茶色で開花とともに退色し、最後は赤みを帯びる。房咲きになり、花つきがとてもよく、早咲きで次々と開花する。
  • ‘オーバーナイト・センセーション’

    ‘Overnight Scentsation’
    紫色を帯びた濃ピンクの剣弁高芯咲きで、花には強い香りがある。株全体が大ぶりで花径は6cm近くもある。やや耐寒性が弱く、寒冷地では保護が必要。
  • ‘八女津姫’

    ‘Yametsuhime’
    レンゲのような花形の小さな花が、円錐状の大房になる。花つきと花もちがよい。やや遅咲きだが繰り返し咲く。ハダニにやや弱いが、黒星病とうどんこ病に強く、初心者向き。
  • ‘ミセス・カズコ’

    ‘Mrs. Kazuko’
    極小輪のロゼット咲きで、こんもりとした株に花が咲きそろう。最も小型の品種の一つで、庭植えには向かない。ややハダニには弱いが、黒星病とうどんこ病には強い。
  • ‘花便り’

    ‘Hanadayori’
    ピンクに中心が白の小さな一重咲き。円錐状の大房になり、花つきと花もちがよい。やや遅咲きだが繰り返し咲く。ややハダニに弱いが、黒星病とうどんこ病に強く、初心者向き。
  • ‘ストレンジ・ミュージック’

    ‘Strange Music’
    白と赤のストライプのロゼット咲き。花つきと花もちがよい。蕾にモス(腺毛)がある個性的な品種。強い横張り性で株はコンパクト。耐寒性がやや弱く、寒冷地では保護が必要。
  • ‘薔薇の海’

    ‘Bara no Umi’
    澄んだラベンダー色の剣弁高芯咲きで、花には強いブルー系の香りがある。数輪の房咲きになり、早咲き性で次々と開花する。夏にやや生理的な落葉が見られる。
  • ‘マジック・キャロセル’

    ‘Magic Carrousel’
    白に赤のくっきりとした覆輪で、数輪の房咲きになる。花つきがよく、次々と開花する。株は丈が伸び、比較的大きくなる。

育て方・栽培方法

バラ(ミニバラ)の栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:河合伸志(かわい・たかし)
若い頃よりバラの育種に取り組み、日本的な美意識、感性を活かした独自の作風の「禅ローズ」シリーズを作出している。また幅広い植物知識を活用し、バラと他の植物を組み合わせたガーデンの設計や監修、管理指導なども行っている。

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

次々と咲き続ける、
豪華なミニバラを育てよう

ベランダや鉢でも栽培ができるのがミニバラの魅力。しかし、葉が小さく密に茂るため、病気や害虫の被害を受けやすく栽培に失敗してしまう場合も多い。そこで、入手したバラを春から秋まで上手に咲かせ毎年楽しむために、病害虫の防除や、12か月の管理と栽培のポイントを、月ごとにプロセス写真でわかりやすく説明する。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • うんちく屋
    栽培ノウハウを自己中心的発想で披露する。 得意な植物、環境は十人十色。 座右の銘「園芸に絶対は無い!」 教材しかり、最後は自ら納得できるか否かである。 失敗談...
  • ミニバラ
    バラのコミュニティはあったのですが、ミニバラはなかったので作ってみました。 どうも「みんなの趣味の園芸」全般に言えることみたいですが、はじめましては新しいト...
  • バラ
    ハイブリッド・ティーやイングリッシュローズなどの モダンローズから、オールドローズや野生種まで、 そしてつるバラもミニバラも。 バラに興味がある人、いろいろ情報...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

5月号テキストこぼれ話
クレマチスにまつわる話を公開中!(前編)

金子明人さんにクレマチスとの衝撃の出会いを伺いました

今、熱い植物

今、熱い植物 第11回
“奇花ぞろいのミニチュアオーキッド…プレウロタリス”

葉の形状も花もユニークなプレウロタリスを紹介

定期購読2018
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!