クチナシ
お気に入りに登録する

クチナシの基本情報

学名:Gardenia jasminoides
和名:クチナシ(梔子)  

科名 / 属名:アカネ科 / クチナシ属

クチナシ
クチナシ
クチナシ

クリックすると拡大します

クチナシとは

特徴

クチナシは梅雨どきに大型で純白の6弁花を咲かせて強い香りを漂わせ、秋には橙赤色の果実をつけます。この果実は黄色の染料として利用され、また漢方では山梔子(さんしし)として用いられていますが、熟しても裂開しません。つまり口が開かないことから「クチナシ」の和名がつけられたとされています。ただし、庭木としてよく栽培されているクチナシは、大型の花で八重咲きのオオヤエクチナシ(英名ガーデニア)が多く、こちらは花は豪華ですが実はつけません。近縁種に樹高30~40cmの低木で地表を這うように枝が横に広がるコクチナシや葉が丸いマルバクチナシなどがあります。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 低木 原産地 本州(東海地方以西)、四国、九州、沖縄
草丈/樹高 1~2m 開花期 6月~7月
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 やや弱い 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,日陰でも育つ,香りがある
植物図鑑の見方

種類(原種、園芸品種)

  • コクチナシ

    Gardenia jasminoides var. radicans
    樹高が30?40cmで枝がよく分岐して横に開く樹形になる。葉は細長く、花は小さい。八重咲きの品種もある。
  • マルバクチナシ

    Gardenia jasminoides var. maruba
    葉が丸い。
  • ヤエクチナシ

    Gardenia jasminoides f. ovalifolia
    花が大きく八重咲きで香りが強い。花木として植えられているクチナシの多くは、ヤエクチナシである。

育て方・栽培方法

クチナシの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:濱野周泰(はまの・ちかやす)
東京農業大学地域環境科学部教授。環境省特定外来生物等分類群専門家グループ委員をはじめ、学外での活躍も多く、2010年3月に倒れた鶴岡八幡宮の大銀杏の修復再生の指揮をとっている。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 芳香種
    香りの良い植物について情報交換や自慢大会しまんせか? 写真も沢山載せてください。 香りは知ってても名前が知らなかったり、 花を知ってても名前を知らなかったり、 ...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ハイポネックス ジャパンの吉田健一さんによる「失敗を少なくするガーデニングの基礎知識」
熱気ある講演会当日の様子をレポート!
聞き手:三上真史さん
詳しくはこちら
プレゼント&アンケート