グロリオサ
お気に入りに登録する

グロリオサの基本情報

学名:Gloriosa
和名:キツネユリ(狐百合)  その他の名前:ユリグルマ(百合車)

科名 / 属名:イヌサフラン科 / キツネユリ属(グロリオサ属)

グロリオサ
グロリオサ・ロスチャイルディアナ
グロリオサ
グロリオサ・スペルバ‘ルテア’
グロリオサ
グロリオサ・ロスチャイルディアナ

クリックすると拡大します

グロリオサとは

特徴

グロリオサは、熱帯アフリカから熱帯アジアに、10種ほどが分布する春植え球根です。葉の先端にある巻きひげで、周囲のものにつかまって、つるを伸ばす性質があります。
熱帯原産の植物のため低温に弱いので、球根は暖かい場所で芽出ししてから、4月から5月に植えつけると、早く成長します。葉が20~25枚開くと分枝する性質があるので、発生した枝は、誘引しましょう。
品種によって球根の大きさが異なりますが、大きな球根ほど立派な花が咲くので、入手する際は、大きな球根を選ぶとよいでしょう。初夏に売られている開花鉢の多くは、品種の特性上、花後に休眠せずに再度芽を出し、秋まで花をつけます。
なお、球根には、痛風の薬として使われるコルヒチンが含まれます。濃赤に黄色の覆輪が入るロスチャイルディアナ種の流通量が多いのですが、黄色のスペルバ ‘ルテア’や、赤紫に黄色が混じるカルソニー、これらを交配してつくられたピンクや白の品種もあります。

※科名:ユリ科で分類される場合もあります。

基本データ

園芸分類 球根,草花
形態 多年草 原産地 熱帯アフリカ、熱帯アジア
草丈/樹高 100~200cm程度 開花期 7月~9月
花色 白,赤,ピンク,オレンジ,黄,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 やや弱い
特性・用途 つる性,落葉性
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • グロリオサ・ロスチャイルディアナ

    Gloriosa rothschildiana
    熱帯アフリカ原産で、最もよく見かける種。濃い赤の花弁の縁に、黄色い覆輪が入る。多くの交雑種の育成親になった。
  • ‘セントレア・マスコット・イエロー’

    Gloriosa ‘Centrair Mascotte Yellow’
    小輪黄花の切り花向き品種。中部国際空港の愛称、セントレアにちなんで名づけられた。
  • グロリオサ・スペルバ ‘ルテア’

    Gloriosa superba ‘Lutea’
    レモンイエローの花を咲かせる品種。花弁は強く波打つ。グロリオサのなかでは背が高く、草丈は約2m。ほかの品種に比べて、小さな球根でもよく育つ。

育て方・栽培方法

グロリオサの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:奥 隆善(おく・たかよし)
千葉大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了後、植物の育種の道へ。チョコレートコスモスやカランコエなどの草花から、ハクサイなどの野菜まで幅広く手がける、気鋭の育種家。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸12月号アンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
テキストこぼれ話
テキストこぼれ話
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!