ハゴロモジャスミン
お気に入りに登録する

ハゴロモジャスミンの基本情報

学名:Jasminum polyanthum

科名 / 属名:モクセイ科 / ソケイ属

ハゴロモジャスミン
ツルジャスミン
ハゴロモジャスミン
ハゴロモジャスミン
ハゴロモジャスミン
ジャスミナム・オフィシナーレ‘アルジェンテオバリエガータム’

クリックすると拡大します

ハゴロモジャスミンとは

特徴

ハゴロモジャスミンは、中国雲南省原産の半常緑のつる植物で、花に強い香りがあることから人気があります。一般に普及したのは比較的新しく、あんどん仕立ての鉢植えの販売が始まった昭和50年代からだと思われます。ジャスミンの仲間では、比較的寒さに強く、暖地では庭植えで栽培することができます。
花の内側は白色、外側は薄いピンク紅色で、4月から5月ごろに開花します。花芽は5~15℃の気温に4~6週間当たると形成されます。このため、日本の気候下では、秋に花芽が形成され、気温の上昇する春に開花します。冬は0℃以下にならない場所で、なるべく5℃以上を保つようにします。株は0℃以下で障害を受けますが、同時に蕾も枯死するため、春に花が咲かない原因となります。
ソケイ属には、ハゴロモジャスミンのほか、ジャスミンティーの原料とする香りのよいマツリカJ. sambac)など、約200種が含まれます。アメリカ産の1種以外は、熱帯と亜熱帯のアフロ・ユーラシア大陸とその周辺島嶼部に分布し、芳香のある種類が栽培されています。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 つる植物 原産地 中国雲南省
草丈/樹高 2m 開花期 4月~5月
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 やや弱い 耐暑性 強い
特性・用途 半常緑性,つる性,開花期が長い,香りがある
植物図鑑の見方

種類(原種、園芸品種)

  • マツリカ

    Jasminum sambac
    日本でも古くから栽培される常緑性つる植物。花は、直径2cm程度の白色の半八重で、非常に香りが強い。寒さに弱いので、鉢植えで栽培する。
  • スタージャスミン

    Jasminum multiflorum
    熱帯アジア原産の常緑性つる植物。葉や茎は褐色の毛で覆われる。寒さに弱いので、鉢植えで栽培する。別名、ボルネオソケイ。
  • ‘フィオナ・サンライズ’

    Jasminum officinale ‘Frojas’
    葉が黄色で夏には緑色に変化し、秋には紅葉する。白く、甘い香りがする花を長期間咲かせる。

育て方・栽培方法

ハゴロモジャスミンの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:倉重祐二(くらしげ・ゆうじ)
赤城自然園(群馬県)を経て、現在新潟県立植物園副園長。専門はツツジ属の栽培保全や系統進化、園芸文化史。著書に『よくわかる栽培12か月 シャクナゲ』『よくわかる土・肥料・鉢』(以上NHK出版)、『増補原色日本産ツツジ・シャクナゲ大図譜』 (改訂増補、誠文堂新光社)など。みんなの趣味の園芸に植物園日記を執筆中。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 芳香種
    香りの良い植物について情報交換や自慢大会しまんせか? 写真も沢山載せてください。 香りは知ってても名前が知らなかったり、 花を知ってても名前を知らなかったり、 ...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ハイポネックス ジャパンの吉田健一さんによる「失敗を少なくするガーデニングの基礎知識」
熱気ある講演会当日の様子をレポート!
聞き手:三上真史さん
詳しくはこちら
プレゼント&アンケート