ヘリオトロープ
お気に入りに登録する

ヘリオトロープの基本情報

学名:Heliotropium
和名:キダチルリソウ(木立瑠璃草)  その他の名前:コウスイソウ、ニオイムラサキ

科名 / 属名:ムラサキ科 / キダチルリソウ属

ヘリオトロープ
キダチルリソウ(コモンヘリオトロープ)
ヘリオトロープ
ビッグヘリオトロープ
ヘリオトロープ

クリックすると拡大します

ヘリオトロープとは

特徴

ヘリオトロープはハーブとしてよく知られ、花はバニラに似た甘い香りを放ち、花から抽出した精油が香水の原料になります。紫または白色の小さな花が、ドーム状に密集して咲きます。熱帯および温帯の各地に約250種が分布しています。ハーブとして代表的な種はペルー原産の小低木キダチルリソウ(コモンヘリオトロープHeliotropium arborescens)ですが、園芸店では香りよりも花を観賞する、ヨーロッパ南部原産の一年草、ビッグヘリオトロープ(H. europaeum)のほうをよく見かけ、混同しているケースもあります。いずれも、寒さに弱いですが、キダチルリソウは関東地方以西の暖地であれば軒下などで防寒すると冬越しし、2年目以降は茎が木質化して、低木状になります。また、いずれの種も乾燥に弱く、水切れすると葉が黒く、しわしわになるので、注意が必要です。

基本データ

園芸分類 草花,ハーブ
形態 一年草,多年草,低木 原産地 世界の熱帯および温帯域
草丈/樹高 10~100cm 開花期 4月下旬~10月上旬
花色 紫,白 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 普通
特性・用途 開花期が長い,香りがある
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • キダチルリソウ

    Heliotropium arborescens
    低木状になる多年草。コモンヘリオトロープと呼ばれるもので、最も香りが強い種。花色は紫のほか白もある。寒さに弱く、冬越しの最低温度は5〜7℃。
  • ビッグヘリオトロープ

    Heliotropium europaeum
    一年草タイプで、園芸店でよく見られるのは本種。香りが弱いが、花が大きく美しい。白花もある。

育て方・栽培方法

ヘリオトロープの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:島田有紀子(しまだ・ゆきこ)
広島市植物公園に勤務。ベゴニアやペラルゴニウムの仲間などを担当し、保有する豊富な野生種をもとに、耐暑性、耐寒性のあるベゴニアの育種に取り組む。それにとどまらず、幅広い植物に精通している。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ガーデニングのあとは

スッキリ&らくらく 快適キッチン術

キッチンを快適に使いこなす方法を紹介! 抽選で10名様に本格・軽量の剪定バサミも当たります。

詳しくはこちら
園芸栽培ノートアンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!