シラー
お気に入りに登録する

シラーの基本情報

学名:Scilla

科名 / 属名:キジカクシ科 / ツルボ属(シラー属)

シラー
シラー・シベリカ
シラー
シラー・ペルビアナ
シラー
シラー・リタルディエレイ

クリックすると拡大します

シラーとは

特徴

シラーは星形や釣り鐘状の小花が、房状や穂状(散形花序または総状花序)に咲きます。
ユーラシア大陸、南アフリカ、熱帯アフリカに100種以上の原種があり、開花期や休眠などの特性は種によって異なります。数種の原種(ペルビアナ、シベリカなど)と園芸品種がよく知られ、花壇やコンテナ、切り花などに利用されます。以前、シラー属に分類され、人気のあったカンパニュラタ(Scilla campanulata)は現在、ヒアシンソイデス・ヒスパニカ(Hyacinthoides hispanica)に移行しました。
ほとんどの種が10月ごろに発芽し、春に開花したあと、梅雨時期に地上部が枯れて休眠に入ります。種類によりますが、毎年掘り上げないでも数年は放任でよく咲きます。

※科名:ヒアシンス科、ユリ科で分類される場合もあります。

基本データ

園芸分類 球根,草花
形態 多年草 原産地 ユーラシア大陸、南アフリカ、熱帯アフリカ
草丈/樹高 5~80cm 開花期 3月~6月上旬
花色 白,ピンク,青,紫,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 やや弱い~普通 耐暑性 普通~強い
特性・用途 落葉性,初心者でも育てやすい
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • シラー・ペルビアナ

    Scilla peruviana
    青紫の小花が傘状に集まって(散形花序をなして)咲く。シラーのなかではやや大型になる種。近年、白花が登場。
  • シラー・シベリカ

    scilla siberica
    小アジア〜コーカサス地方、ヨーロッパ南東部原産。草丈10〜20cmで、ロックガーデンなどにも向く。いくつかの園芸品種があり、青花と白花とがある。よくふえる。

育て方・栽培方法

シラーの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:島田有紀子(しまだ・ゆきこ)
広島市植物公園に勤務。ベゴニアやペラルゴニウムの仲間などを担当し、保有する豊富な野生種をもとに、耐暑性、耐寒性のあるベゴニアの育種に取り組む。それに止まらず、幅広い植物に精通している。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

樹種の選び方でもっと広がる

緑のある暮らし

資料請求いただいた方の中から抽選で10名様に「アオダモの苗木」をプレゼント!

詳しくはこちら
山歩きをもっと快適に
プレゼント&アンケート
寄せ植えコンテスト
あなたの好きな多肉植物は?
テキストこぼれ話
園芸・ガーデニング作業の基本
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!