チリアヤメ(ハーベルティア)
お気に入りに登録する

チリアヤメ(ハーベルティア)の基本情報

学名:Herbertia lahueH. amoenaAlophia amoena
その他の名前:ハーベルティア、ハーベルチア

科名 / 属名:アヤメ科 / ヘルベルティア属、アロフィア属

チリアヤメ(ハーベルティア)
チリアヤメ(ハーベルティア)

クリックすると拡大します

チリアヤメ(ハーベルティア)とは

特徴

チリアヤメは、芝生の中などで散らばるように点々と可憐な花を咲かせ、小さいながらも鮮やかな濃いブルーの色がよく目立ちます。花は朝開いて夕方にはしぼむ一日花ですが、次々と咲き続けます。草姿が小さいわりに花は大きく、花径は3cmくらい、3枚の丸みのある花弁(外花被)が広がり、プロペラのように見えます。中心部には濃淡の模様が入り、3枚の小さな花弁(内花被)があります。夏の間は休眠していて、秋にひだのある針状の葉が四方に数枚出ます。球根は小さな紡錐形で下方に伸長肥大し、さらにけん引根で引っ張られて地中深くにもぐっていきます。
日本へは大正4~5年に入ったといわれ、関東地方以西の平野部では野生化している場所もあり、条件がよいとこぼれダネで自然にふえます。

基本データ

園芸分類 草花,球根
形態 多年草(秋植え球根) 原産地 チリ、アルゼンチン
草丈/樹高 5~10cm 開花期 4月~5月中旬
花色 青紫 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通(半耐寒性) 耐暑性 強い(夏は休眠)
特性・用途 落葉性,芝生の中の植え込みにもよい
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

育て方・栽培方法

チリアヤメ(ハーベルティア)の栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:小黒 晃(おぐろ・あきら)
種苗会社ミヨシで、主に宿根草の導入、試作に携わっている。また、一般公開をしている宿根草ガーデンの管理を担当している。日本における、宿根草全般の栽培特性に造詣が深い。

そだレポ(栽培レポート)

そだレポの投稿はまだありません。
チリアヤメ(ハーベルティア)を育てたことがある方は、ぜひその経験を皆さんにご紹介してください。

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ガーデニングのあとは

スッキリ&らくらく 快適キッチン術

キッチンを快適に使いこなす方法を紹介! 抽選で10名様に本格・軽量の剪定バサミも当たります。

詳しくはこちら
園芸栽培ノートアンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!