ヘレボルス・ニゲル
お気に入りに登録する

ヘレボルス・ニゲルの基本情報

学名:Helleborus niger
その他の名前:クリスマスローズ

科名 / 属名:キンポウゲ科 / クリスマスローズ属(ヘレボルス属)

ヘレボルス・ニゲル
ヘレボルス・ニゲル
ヘレボルス・ニゲル

クリックすると拡大します

ヘレボルス・ニゲルとは

特徴

ヘレボルス・ニゲルは有茎種(立ち上がった茎に葉をつけ、頂部に花を咲かせる)のクリスマスローズです。常緑の多年草で、清楚な白い花を横向きに咲かせます。葉はやや肉厚です。有茎種として扱われていますが、有茎種と無茎種の両方の特徴や性質をもち、中間種として扱われることもあります。種小名の「ニゲル」は、黒を意味し、根が黒いことに由来しています。
本来、「クリスマスローズ(christmas rose)」はヘレボルス・ニゲルの英名ですが、日本ではヘレボルス属全体をクリスマスローズと呼んでいます。12月に開花し始める早咲きのものもありますが、多くはクリスマスには咲かず、1月になってから開花します。蕾を包む苞葉(ほうよう)がないので、蕾のうちから白い花弁を確認できるのが特徴です。咲き進むにつれてややピンクに色づきます。八重咲きや半八重咲きの園芸品種があります。
主な交雑種に、ヘレボルス・リビダス(Helleborus lividus)と交雑させたヘレボルス・バラーディアエ(H. × ballardiae)、ヘレボルス・ステルニー(H. × sternii)と交雑させたヘレボルス・エリックスミシー(H. × ericsmithii)、ヘレボルス・アーグチフォリウス(H. argutifolius)と交雑させたヘレボルス・ニゲルコルス(H. × nigercors)があります。


●関連図鑑
クリスマスローズ
ヘレボルス・アーグチフォリウス
ヘレボルス・フェチダス
ヘレボルス・チベタヌス

基本データ

園芸分類 草花
形態 多年草 原産地 イタリア、スロベニア、クロアチア、ドイツ、スイス、オーストリアなど
草丈/樹高 20~30cm 開花期 1月~2月
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 普通
特性・用途 常緑性,耐寒性が強い,日陰でも育つ
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

育て方・栽培方法

ヘレボルス・ニゲルの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

利用法から栽培まで、まるごとわかる決定版

日本、イギリスの人気ナーセリーの花を集めた、40ページに及ぶ花図鑑は必見。注目の原種も詳しく紹介します。さらに、置き場、水やりなど基本的な管理から交配まで、栽培もQ&Aつきで丁寧に解説。クリスマスローズの初心者から上級者まで、きっと満足いただける内容です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
園芸をもっと楽しく、資料請求
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

畑自慢・やさい自慢
畑自慢・やさい自慢
自慢の畑・野菜の写真を募集中!