エダマメ(枝豆)
お気に入りに登録する

エダマメ(枝豆)の育て方・栽培方法

エダマメ(枝豆)
エダマメ(枝豆)

クリックすると拡大します

栽培カレンダー

中間地の主な作業

基本データ

園芸分類 野菜
収穫期 7月中旬~8月(ポットまき)

育て方のポイント

栽培のポイント

マメ科野菜の大きな特徴は「根粒菌と共生」していること。つまり、根粒菌が根に小さな粒々のこぶをつくって寄生し、マメの栄養分を少しだけ分けてもらいながら、空気中のチッ素分を取り込んでアンモニアに変え、豆に栄養分を返しているのです。そのため、化成肥料は通常の半分の量で十分です。チッ素分の多い肥料をたくさんまくと、葉ばかり茂り、実がつきにくくなります。なお、タネを直まきすると、カラスなどの鳥害にあうことが少なくありません。鳥害を防ぐため、ポットで育苗しましょう。

エダマメの栽培でよくある疑問、悩み


Q.品種選びのポイントは?
初心者の方には、タネまきから収穫までの日数が短い「極早生種」や「早生種」をおすすめします。
エダマメは、短日条件(1日のうち夜より昼が短い)で花をつける性質があります。一般的に、極早生種、早生種は、長日条件でも花がつきやすく、早めにタネをまいても収穫までの日数が短いので、つくりやすいとされます。一方、晩生種は、短日性が強く、収穫までの日数がかかる分、栽培はやや難しいといえます。
味の点では、茶マメや黒マメがおすすめなのですが、晩生種が多く、栽培は難しいといわれていました。しかし、最近では早生種や中生種も登場し、さらに通常のエダマメ(青豆、黄豆)でも、茶マメ風の味わいをもったものなど、栽培しやすい改良種が続々と登場しています。

Q.タネまきから10日たったが、芽が出ない
タネをまく時期は問題ありませんので、考えられる原因は2つあります。
1つ目は、タネをまいた直後にカラスやハトなどに食べられてしまった可能性。まいた直後のタネや双葉は鳥の大好物なので、ねらわれたのかもしれません。タネまき後は寒冷紗(かんれいしゃ)のべたがけなどで、初生葉(双葉の次に出る葉)が出るまで覆っておくと被害を防ぐことができます。
2つ目は、タネをまく前に、6時間以上水につけてしまうと発芽率がぐんと落ちてしまうので、もし水につけていたとしたら、それが原因だったかもしれません。

Q.株は大きく育つが、実つきがよくない
肥料(特にチッ素分)のやりすぎかもしれませんね。エダマメやインゲン、エンドウなどのマメ科植物の根には、「根粒菌(こんりゅうきん)」という菌が共生しています。そのため、前作で肥料をたっぷり与え、肥料分が残っているような場所は、エダマメの栽培には向きません。
肥料を少なめにしたにもかかわらず、実つきが悪い場合は、カメムシなどの害虫のしわざかもしれません。

Q.収穫時期の見分け方は?
エダマメの収穫適期は、6~7日ほどといわれています。このため、タイミングを逃さず収穫することが大事です。
品種によって、タネまきから収穫までの日数が異なるので、タネ袋の説明書きを確認し、目安にするとよいでしょう。
見た目では、1つの株についているさやの全体の7~8割がふくらみ、指で押すと中の豆がはじけるぐらいのころがベストなタイミングといわれます。さやが全部ふくらむのを待っていると、とり遅れる可能性があるので注意しましょう。家庭菜園では、株ごと収穫せずに、大きくなったさやから順に切り取って収穫する方法もおすすめです。

◆質問・回答は、『野菜づくり徹底Q&A』(NHK出版)から一部を抜粋しています。これ1冊でお悩み解決!野菜73種の「ギモン」が満載『もっと知りたい野菜づくりQ&A』もおすすめです。

特徴

中国原産のダイズの若い豆がエダマメ(枝豆)です。豊富なビタミン類と良質のたんぱく質を含む健康野菜です。特に夏のビールのおともに欠かせない存在。ゆでたてはビールの味を引き立て、ついつい飲みすぎになりそう。

●野菜だけ...

種類(原種、園芸品種)

この植物の原種、園芸品種はまだ登録されていません。
植物図鑑の内容は随時、追加・更新をしていきます。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:藤田 智(ふじた・さとし)
恵泉女学園大学人間社会学部園芸文化研究所教授。大学での指導のほか、各地で社会人を対象にした講演や菜園指導なども行う「野菜づくりの伝道師」。テレビやラジオへの出演、雑誌や書籍の執筆など、幅広く活躍している。

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

野菜づくりの決定版がリニューアル!

『藤田智の野菜づくり大全』(2012年2月刊)の完全改訂版。温暖化対応の新・栽培カレンダーや、APG体系での科名変更など、栽培情報を刷新! 栽培図鑑は新野菜が10種増え、160種以上の育て方を網羅。各野菜の「プランター栽培」のポイントも収載。菜園プランから病害虫まで、野菜作りはこの一冊でOK!

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』8月号
テラリウム&アクアリウム/サマーガーデン宣言

空前の「リウム」ブーム到来!新しい趣味の園芸の世界が広がります。いまどき夏花特集も☆

テキストこぼれ話

1分でできる! 石への着生【動画】~8月号こぼれ話・後編

水草が石から生えているように見せる「着生」の方法を紹介します。

テキストこぼれ話

苔むした流木でワンランク上の水景に!【動画】~8月号こぼれ話・前編

水草職人・早坂誠さんに、誰でもできるアクアリウムのテクニックを教えてもらいました!

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!