シュンギク
お気に入りに登録する

シュンギクの基本情報

和名:シュンギク(春菊)  その他の名前:菊名(きくな)

科名:キク科

シュンギク
シュンギク

クリックすると拡大します

シュンギクとは

特徴

シュンギク(春菊)は、独特の香りと風味で鍋ものやあえものなどに欠かせない野菜です。地中海沿岸地方原産で、日本や中国などアジアでは野菜として利用されますが、花が美しいことからヨーロッパでは主に観賞用に栽培されます。生育適温が15~20℃と冷涼な気候を好むため、春と秋が栽培の適期です。葉の大きさで大葉種、中葉種、小葉種に分類され、栽培の主流は中葉種です。最近は長く伸びた茎の部分がおいしい品種も登場しました。
栄養価も高く、カロテンの含有量はホウレンソウに匹敵し、ビタミンCやカルシウム、鉄分などが豊富です。ただし、収穫後は葉が傷みやすく、ビタミンCが急速に減ります。
伸びた葉先を摘み取りながら繰り返し収穫する「摘み取り種」と、葉が柔らかく、株ごと収穫する「株張り種」があります。

●野菜だけで一品レシピ
シュンギクのマスタードマヨネーズあえ

基本データ

園芸分類 野菜
収穫期 5月~6月(春まき)、10月中旬~11月(秋まき)
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • 大葉種

    関西地方では「菊菜」とも呼ばれる。株ごと収穫することが多い。
  • 中葉種

    関東地方でおなじみの中葉種。摘み取り収穫することが多い。

育て方・栽培方法

シュンギクの栽培カレンダー
中間地の主な作業

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:藤田 智(ふじた・さとし)
恵泉女学園大学人間社会学部園芸文化研究所教授。大学での指導のほか、各地で社会人を対象にした講演や菜園指導なども行う「野菜づくりの伝道師」。テレビやラジオへの出演、雑誌や書籍の執筆など、幅広く活躍している。

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

野菜づくりの決定版がリニューアル!

『藤田智の野菜づくり大全』(2012年2月刊)の完全改訂版。温暖化対応の新・栽培カレンダーや、APG体系での科名変更など、栽培情報を刷新! 栽培図鑑は新野菜が10種増え、160種以上の育て方を網羅。各野菜の「プランター栽培」のポイントも収載。菜園プランから病害虫まで、野菜作りはこの一冊でOK!

シュンギクのそだレポ(栽培レポート)

写真を見る

シュンギクに関する記事

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

新着日記写真
乙女心って書い...
2022/01/17
日向
2022/01/17
こっとの庭
2022/01/17
ふくおかルーバ...
2022/01/17
黄色いチューリ...
2022/01/17
春待つ。
2022/01/17
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!