野生ギク
お気に入りに登録する

野生ギクの基本情報

学名:Chrysanthemum
その他の名前:野生菊,キク

科名 / 属名:キク科 / キク属

野生ギク
リュウノウギク
野生ギク
野生ギク
キクタニギク(アワコガネギク)

クリックすると拡大します

野生ギクとは

特徴

切り花や伝統園芸植物として重要なキク(Chrysanthemum morifolium)に近縁の野生種は、東アジアと日本列島に広く分布します。東アジアに広く分布するものもあれば、日本列島に特産の種もあります。これらの野生種は日当たりのよい山地や海岸の岩場、斜面の草地に自生しています。茎はまっすぐ、または斜めに立ち、やや木質化します。秋に根元から多数の走出枝を伸ばして、その先に新芽をつけます。そのため大きな株が群生するのが普通です。花や葉に芳香があり、古来よりその香りが愛でられてきました。
舌状花(ぜつじょうか)のあるノジギクやキクタニギクなどのグループと、舌状花が退化して花が枝先に密集して咲くイソギクのグループがあります。見かけはかなり異なりますが、遺伝的には近縁で自由に交配できるため野生の雑種もあり、キクの品種改良にも役立てられています。

●キクにはさまざまな種類がありますが、本図鑑では、以下の項目でキクの仲間を扱っています。

大ギク(大菊) …菊花展などで見られる観賞菊など
古典ギク(古典菊) …伝統菊、江戸菊、伊勢菊、肥後菊など
小ギク(小菊) …懸崖仕立てや盆栽仕立てで楽しむ小ギクなど
ポットマム(洋菊) …ポットマム、スプレーマム、ガーデンマムなどの洋菊の仲間
野生ギク …山野草として楽しむキクなど

基本データ

園芸分類 草花,山野草,ハーブ
形態 多年草 原産地 日本、東アジア
草丈/樹高 30~100cm 開花期 10月~12月
花色 白,黄,ピンク 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,開花期間が長い,香りがある,耐寒性が強い,初心者でも育てやすい,盆栽向き
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ノジギク

    Chrysanthemum japonense
    瀬戸内海周辺と四国、九州の、主に海岸の日ざしの強い岩場や急斜面に自生する。花は白、まれに明るい黄色のものがある。
  • アシズリノジギク

    Chrysanthemum japonense var. ashizuriense
    豊後水道を挟むように分布するノジギクの変種で、葉が厚く、葉の縁がやや内側に巻き込み、葉の裏にある毛がより密に生えて白い縁取りのようになっている。
  • リュウノウギク

    Chrysanthemum makinoi
    主に本州と四国の山地の岩場や急斜面に自生し、全体に樟脳のような香りがある。
  • ワカサハマギク

    Chrysanthemum makinoi var. wakasaense
    リュウノウギクの変種で全体に大型。主に近畿地方の海岸沿いと鈴鹿山脈に見られる。
  • ナカガワノギク

    Chrysanthemum yoshinaganthum
    四国の那賀川流域の特産種で、増水すると水没するような川岸の岩場に自生する。葉が細くて細長い逆三角形をしている。
  • キクタニギク(アワコガネギク)

    Chrysanthemum seticuspe f. boreale
    1cm強の小さな黄色い花を多数咲かせ、葉も細かに切れ込んでいる。東アジアに広く分布していて、日本では本州と九州北部に自生し、平地や低山の草地などに見られる。
  • シマカンギク

    Chrysanthemum indicum
    東アジアに広く分布し、日本では西日本に広く分布している。キクタニギクに似ているが、花が一回り大きく、葉の切れ込みは浅い点などが違う。
  • イソギク

    Chrysanthemum pacificum
    海に面した岩場や急斜面の草地に見られ、舌状花のない5mmほどの花を茎の先端に密集して咲かせる。葉は細長いへら形で、裏は白いのが特徴。関東地方南部から東海地方と伊豆諸島に分布する。
  • ハナイソギク

    Chrysanthemum × marginatum
    イソギクとキクの雑種で、人里近くのイソギクの自生地でしばしば見つかる。
  • シオギク

    Chrysanthemum shiwogiku
    イソギクによく似ていて同じような場所で見られるが、花の大きさは1cm弱あり、数が少ない点が異なる。四国東部の太平洋側に分布する。
  • キノクニシオギク(キイシオギク)

    Chrysanthemum kinokuniense
    イソギクとシオギクの中間的なもので、紀伊半島に分布する。

育て方・栽培方法

野生ギクの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:辻 幸治(つじ・こうじ)
1976年、大阪生まれ。ホームセンター勤務を経て、現在は園芸分野の執筆活動も精力的に行う気鋭の園芸家。江戸の園芸文化から、海外のワイルドフラワーまで、幅広く植物に精通している。

野生ギクのそだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • もう1つのそだレポ
    日本に従来から自生する植物の栽培を楽しみたい方のためのそだレポです。趣味園にもともとあるそだレポとの違いは、一人の人のそだレポではなく、参加者がご自分の育て...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸バックナンバー
定期購読
関連アイテム
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!