野生ギク
お気に入りに登録する

野生ギクの育て方・栽培方法

野生ギク
リュウノウギク
野生ギク
野生ギク
キクタニギク(アワコガネギク)

クリックすると拡大します

栽培カレンダー

*関東地方以西基準

基本データ

園芸分類 草花,山野草,ハーブ
形態 多年草 原産地 日本、東アジア
草丈/樹高 30~100cm 開花期 10月~12月
花色 白,黄,ピンク 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,開花期間が長い,香りがある,耐寒性が強い,初心者でも育てやすい,盆栽向き

育て方のポイント

栽培環境・日当たり・置き場

年間を通して風通しのよい日なたで育てます。真夏も日よけなどは必要ありません。庭植えの場合は10~30cmほど盛土した上に植えると、根腐れの心配がありません。

水やり

表土が乾いたら十分に与えます。比較的乾燥に強い植物ですが、たびたび水切れを起こすと下葉が枯れ上がってみすぼらしくなります。庭植えの場合はほとんど必要ありません。

肥料

植え替えの際に、リン酸とカリウムの多い緩効性化成肥料を3号鉢で一つまみか、二つまみ施します。4月から9月にかけて、1週間に1回、液体肥料を1000倍に薄めて施します。春の間だけ親指大の油かすの玉肥を3号鉢で1~2個追肥してもよいでしょう。庭植えの場合はほとんど必要ありません。

病気と害虫

病気:うどんこ病、黒斑病、褐斑病
黒斑病、褐斑病になると焦げ茶色から黒い斑点ができ、それが広がっていきます。下葉から枯れ上がり、ひどい場合は落葉します。黒斑病は健全な部分と病気の部分がはっきりしていて、褐斑病はややぼやけている点が違いますが、ともによく似ていて区別が難しいうえに、同時発生する場合があります。梅雨と秋の長雨の時期に発生します。

害虫:アワダチソウグンバイ、アザミウマ、キクスイカミキリ、アブラムシ、ハダニ、ヨトウムシ
アワダチソウグンバイはグンバイムシの一種で、6月から10月に発生し、セイタカアワダチソウで越冬します。葉の裏に寄生して汁を吸います。葉の表面が白くかすれたようになり、ひどい場合は葉が黄色く変色して落葉します。ふんにカビが生えて黒く汚れる(すす病)こともあります。
キクスイカミキリの成虫は黒っぽい体長1cmほどの小さなカミキリムシです。4月から6月に周辺のヨモギや前年に発生した株から飛来します。成虫は茎をかじり、そこに卵を産みつけます。するとそこから先端は枯れてしまい、さらに幼虫が茎の内部を食い荒らして根元まで降り、やがて全体を枯らしてしまいます。成虫は見つけしだい捕殺し、被害部分を見つけたらすぐに切り捨てて幼虫を駆除します。周辺にキク科の雑草を生やさないのも有効な予防策です。

用土(鉢植え)

水はけのよい土であれば土質を選びません。赤玉土小粒7、腐葉土3の配合土のほか、市販の草花用培養土でもよく育ちます。盆栽仕立てにする場合は鹿沼土と赤玉土、軽石の各小粒を等量配合したもので植えてもよいでしょう。

植えつけ、 植え替え

2月から3月の芽出し直前に植え替えます。よくふえてすぐに根詰まりを起こすので、鉢植えの場合は毎年植え替えます。盆栽仕立ての場合は数年に1回でもかまいません。庭植えの場合は特に植え替えの必要はありませんが、3年に1回は掘り上げて株分けします。予定外の場所に生えてきたものは抜くか、早めに移植します。

ふやし方

株分け:2月から3月の芽出し直前に株を分けます。3~5芽で1株になるようにハサミで切り分けます。

さし芽:5月から6月に、新芽の先端をさします。茎の途中の部分を使っても根づきますが成長が劣ります。

主な作業

切り戻し:枝を多くして花数をふやすために、5月から6月に1/3から半分ほどを残して上部を切り取ります。伸びてきた枝が、さらに伸びすぎるようならばもう1回、伸びた枝の先端を摘み取ってもかまいません。

花がら摘み:終わった花はタネが散らないうちに切り取ります。放置すると、雑種化したものが育ち、生育旺盛で元からあったものを駆逐してしまうことがあります。

特徴

切り花や伝統園芸植物として重要なキク(Chrysanthemum morifolium)に近縁の野生種は、東アジアと日本列島に広く分布します。東アジアに広く分布するものもあれば、日本列島に特産の種もあります。これらの野生種は日当たりのよい山...

種類(原種、園芸品種)

ノジギク

ノジギク


Chrysanthemum japonense
瀬戸内海周辺と四国、九州の、主に海岸の日ざしの強い岩場や急斜面に自生する。花は白、まれに明るい黄色のものがある。

アシズリノジギク


Chrysanthemum japonense var. ashizuriense
豊後水道を挟むように分布するノジギクの変種で、葉が厚く、葉の縁がやや内側に巻き込み、葉の裏にある毛がより密に生えて白い縁取りのようになっている。
リュウノウギク

リュウノウギク


Chrysanthemum makinoi
主に本州と四国の山地の岩場や急斜面に自生し、全体に樟脳のような香りがある。
ワカサハマギク

ワカサハマギク


Chrysanthemum makinoi var. wakasaense
リュウノウギクの変種で全体に大型。主に近畿地方の海岸沿いと鈴鹿山脈に見られる。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:辻 幸治(つじ・こうじ)
1976年、大阪生まれ。ホームセンター勤務を経て、現在は園芸分野の執筆活動も精力的に行う気鋭の園芸家。江戸の園芸文化から、海外のワイルドフラワーまで、幅広く植物に精通している。

野生ギクのそだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • もう1つのそだレポ
    日本に従来から自生する植物の栽培を楽しみたい方のためのそだレポです。趣味園にもともとあるそだレポとの違いは、一人の人のそだレポではなく、参加者がご自分の育て...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸バックナンバー
定期購読
関連アイテム
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!