アケビ
お気に入りに登録する

アケビの基本情報

学名:Akebia
和名:アケビ  

科名 / 属名:アケビ科 / アケビ属

アケビ
アケビ
アケビ

クリックすると拡大します

特徴

昔は甘いアケビの果実が利用されたようですが、今日では果皮や若芽が山菜として利用されることが多いようです。垣根などに2品種、2株植えておくと、風情もあり、春は若芽、秋は果実が利用できます。アケビの仲間は全国に自生し、小葉が5枚のアケビ(Akebia quinata)、3枚のミツバアケビ(A. trifoliata)、両者の雑種といわれるゴヨウアケビ(A. x pentaphylla)などがあります。アケビの仲間は自家不結実性のため、結実をよくするには異品種の混植が必要です。手っ取り早くはアケビとミツバアケビを混植します。近年、各地で栽培されるようになり、山どりから選抜され、品種名のついたものを見かけます。秋に美しい果実を収穫するには、うどんこ病の防除が大切です。

基本データ

園芸分類 果樹,庭木・花木
形態 つる植物 原産地 日本
草丈/樹高 1m以上 収穫期 9月上旬~10月上旬
受粉樹 必要 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,つる性,生け垣向き,耐寒性が強い
植物図鑑の見方

種類(原種、園芸品種)

  • ミツバアケビ

    Akebia trifoliata
    北海道から九州、中国に分布し、小葉が3枚なのが特徴。花も、アケビが淡紫色なのに対し、濃紫色をしている。
  • ゴヨウアケビ

    Akebia x pentaphylla
    アケビとミツバアケビの自然交雑種といわれる。小葉は5枚だが、アケビの小葉には鋸歯がなく滑らかなのに対し、波状の鋸歯がある。花も紫色が濃い。

育て方・栽培方法

アケビの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:大坪孝之(おおつぼ・たかゆき)
元東京農業大学助教授。現在は東京農業大学グリーンアカデミー講師。ウメ、リンゴ、柑橘類などの主要果樹はもとより、ブルーベリー、スターフルーツなど小果樹や熱帯果樹にいたるまで、果樹全般にわたり栽培研究の指導を行う。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • もう1つのそだレポ
    そだレポが使いにくいなと思っている方のためのコミュニティです。次の点で限界を感じている人、どうぞご参加下さい。 ― 書きたい植物がリストに入ってない。調べるたび...
  • 日本の木を楽しむ
    日本に自生する各種の木を楽しみたいと思います。鉢植え・ 盆栽でも結構ですし、庭植え、あるいは近くの山に 生えているというのでも結構です。 それぞれの木が四季を通...
  • 日本の山野草を楽しむ
    自然から徐々に姿を消しつつある山野草を保存し、花などを 楽しみませんか。本コミュをいつもご利用頂きありがとうございます。お蔭さまで、登録メンバーも着実に増えて...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

モニター募集
プレゼント&アンケート
トピック募集