ウツボカズラ
お気に入りに登録する

ウツボカズラの育て方・栽培方法

栽培カレンダー

*関東地方以西基準

基本データ

園芸分類 観葉植物,熱帯植物,食虫植物
形態 多年草 原産地 熱帯アジア、マダガスカル、セーシェル諸島、ソロモン諸島、ニューカレドニア、オーストラリア北部
草丈/樹高 10~200cm 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,つる性,寄せ植え,ハンギングバスケット

育て方のポイント

栽培環境・日当たり・置き場

春から秋は、戸外でできるだけ日光に当てます。冬は室内に置き、できるだけガラス越しの日光に当てます。

水やり

春から秋は鉢土を乾かさないように、冬は乾いたら水を与えます。空中湿度を高めるため、年間を通してこまめに葉水を与えます。

肥料

夏の生育期に、緩効性化成肥料を月1回施します。または、速効性の液体肥料を10日に1回施すのもよい方法です。

病気と害虫

病気:斑点病
斑点病は春から秋に発生します。

害虫:カイガラムシ、アブラムシ
新葉にアブラムシ、年間を通して葉や茎にカイガラムシが発生します。

用土(鉢植え)

水ゴケ単用か、腐植質で水はけのよい用土(例:赤玉土小粒6、軽石小粒2、ピートモス2の配合土)で植えつけます。

植えつけ、 植え替え

1年に1回、6月から8月の高温時に植え替えます。根が細く弱いので、できるだけ傷めないように注意して行います。

ふやし方

さし芽:適期は6月から8月です。2~3節つけてつるを切り分け、下葉を落とし、先端部の葉は1/2切り落とし、水ゴケにさします。明るい日陰に置いて、水ゴケが乾かないように管理すれば1か月程度で発根します。捕虫袋がつくまでは鉢上げしないほうが無難です。

主な作業

下葉切り:黄色くなったり、枯れたりした葉は適宜切り落とします。

伸びすぎたつる切り:つるが長く伸びすぎたら適宜切ります。

特徴

ウツボカズラは食虫植物の代表的な一種で、ボルネオ、スマトラを中心に熱帯アジア、マダガスカル、セーシェル諸島、ソロモン諸島、ニューカレドニア、オーストラリア北部に90種が自生しています。
よく栽培されているのは、ネペンテス・アラタ...

種類(原種、園芸品種)

ネペンテス・アラタ

ネペンテス・アラタ


Nepenthes alata
捕虫袋は長さ10〜15cm。緑色で、先端部が赤みを帯びる。
‘レッド・アラタ’

‘レッド・アラタ’


Nepenthes ‘Red Alata’
捕虫袋全体が赤紫色。交配種。

ネペンテス・ベントリコサ


Nepenthes ventricosa
捕虫袋が緑色と赤色のものがある。
ネペンテス・マキシマ

ネペンテス・マキシマ


Nepenthes maxima
捕虫袋は長さ20〜30cm。茎の下部の捕虫袋は、円筒形で暗緑色地に紫色の斑が入り、上部の捕虫袋は漏斗状で緑色になる。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:尾崎 章(おざき・あきら)
千葉県の植物園、南房パラダイスでの20年の勤務を経て独立。現在は熱帯植物の専門ナーセリー、エクゾティックプランツを営む。熱帯・亜熱帯原産の植物を収集し、3000種以上を扱っている。

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

育て方、楽しみ方のガイドブック

毎日の管理の基本から、きれいな緑を長く保つためのとっておきのテクニックまで、観葉植物を育てる上で必ず知っておくべきことを1冊に。観葉植物図鑑には、希少なものも含め人気品種を100種以上収載。シーズン別トラブルレスキューも充実。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

おすすめ記事

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ガーデニングのあとは

スッキリ&らくらく 快適キッチン術

キッチンを快適に使いこなす方法を紹介! 抽選で10名様に本格・軽量の剪定バサミも当たります。

詳しくはこちら
園芸栽培ノートアンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!