オレガノ(‘ケント・ビューティ’など花もの)
お気に入りに登録する

オレガノ(‘ケント・ビューティ’など花もの)の基本情報

学名:Origanum
その他の名前:ホップライクフラワー

科名 / 属名:シソ科 / ハナハッカ属(オリガヌム属)

オレガノ(‘ケント・ビューティ’など花もの)
‘ケント・ビューティ’
オレガノ(‘ケント・ビューティ’など花もの)
‘ケント・ビューティ’
オレガノ(‘ケント・ビューティ’など花もの)
‘ネオン・ライト’

クリックすると拡大します

特徴

オレガノは、ハーブとして利用されるオレガノOriganum vulgare)やスイートマジョラムO.majorana)がよく知られていますが、花を観賞するものもあります。‘ケント・ビューティ’が代表品種で、オレガノ・スカブルム(O.scabrum)とオレガノ・ロツンディフォリウム(O. rotundifolium)の交配種で、ホップのような花を咲かせます。緑~薄ピンク色の花びらのように見えるのは苞で、その内側に小さなピンク色の花があり、香りがあります。ドライフラワーにも利用できます。
高温多湿を嫌い、腐りやすいので、鉢植えにして、夏は水を控えて乾かし気味に管理します。冬に霜が降りると地上部が枯れますが、土まで凍らなければ戸外で冬越し可能です。寒冷地では室内に取り込めば常緑で冬越しします。

基本データ

園芸分類 草花
形態 多年草 原産地 ヨーロッパ、地中海沿岸の高冷地
草丈/樹高 10~40cm 開花期 5月下旬~7月、9月下旬~11月上旬
花色 ピンク 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通 耐暑性 やや弱い
特性・用途 香りがある,ハンギングバスケット
植物図鑑の見方

種類(原種、園芸品種)

  • ‘ガーデン・ダイアリー’

    Origanum ‘Garden Diary’
    苞が濃いピンク色で、内側の花が大きい。
  • オリガヌム・ロツンディフォリウム

    Origanum rotundifolium
    丸みを帯びたライムグリーンの苞をつける。
  • オリガヌム・プルケルム

    Origanum pulchellum
    苞の重なりの間から見える花はピンク色で、花も葉もやや小型。
  • オリガヌム・ディクタムナス

    Origanum dictamnus
    花は小さなピンク色で、葉は銀緑色。
  • ‘ケント・ビューティ’

    Origanum ‘Kent Beauty’
    代表的な品種。ピンクがかった薄緑色の苞の中からのぞく花はピンク色で、愛らしい。

育て方・栽培方法

オレガノ(‘ケント・ビューティ’など花もの)の栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:島田有紀子(しまだ・ゆきこ)
広島市植物公園に勤務。ベゴニアやペラルゴニウムの仲間などを担当し、保有する豊富な野生種をもとに、耐暑性、耐寒性のあるベゴニアの育種に取り組む。それにとどまらず、幅広い植物に精通している。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

    この植物の日記はありません

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

秋のガーデニングに変化のきざし?

プレマムの秋がやってきた!

投票してプレゼントを当てよう!

プレマム総選挙実施中!

詳しくはこちら
ご利用に関するアンケート
寄せ植えコンテスト結果発表
プレゼント&アンケート
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

畑自慢・やさい自慢
畑自慢・やさい自慢
自慢の畑・野菜の写真を募集中!