カキツバタ
お気に入りに登録する

カキツバタの基本情報

学名:Iris laevigata
和名:カキツバタ(杜若、燕子花)  

科名 / 属名:アヤメ科 / アヤメ属

カキツバタ
カキツバタ

クリックすると拡大します

カキツバタとは

特徴

カキツバタは水辺の修景には欠かせない花で、古くから『万葉集』など歌にも詠まれ親しまれています。名前の由来は「書き付け花」で、衣服を染めるのに利用されたことによります。50ほどの園芸品種があり、ハナショウブのように外花被が3枚の三英花(さんえいか)と外花被が6枚の六英花(ろくえいか)があります。弁幅は比較的狭く、先がとがっていて野性味が感じられ、葉幅は広く葉脈は目立ちません。よく似た花で湿地を好むものにヒオウギアヤメがあり、こちらは花に網目模様が入ります。なお、漢字で「杜若」と書いてカキツバタと呼ばれますが、本来「杜若」はアオノクマタケランを指すものです。「いずれアヤメかカキツバタ」といわれるように、優劣がつけがたく区別しにくいもののたとえとして引用されますが、アヤメは陸生で、一般の草花と同様、水はけのよいところで育ち、一方のカキツバタは水生で、池や沼地など常に水のあるところを好みます。

基本データ

園芸分類 草花,水生植物
形態 多年草 原産地 日本、朝鮮半島~東シベリア
草丈/樹高 50~80cm 開花期 5月~6月中旬(秋に咲くものもある)
花色 青,紫,白,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い(水は必要)
特性・用途 落葉性,耐寒性が強い
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ‘舞孔雀’

    濃青で白覆輪、中心部は白く2色咲きの優美な花。八重咲き。
  • ‘裕美’

    斑入り葉の品種。

育て方・栽培方法

カキツバタの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:小黒 晃(おぐろ・あきら)
種苗会社ミヨシで、主に宿根草の導入、試作に携わっている。また、一般公開をしている宿根草ガーデンの管理を担当している。日本における、宿根草全般の栽培特性に造詣が深い。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • もう1つのそだレポ
    そだレポが使いにくいなと思っている方のためのコミュニティです。次の点で限界を感じている人、どうぞご参加下さい。 ― 書きたい植物がリストに入ってない。調べるたび...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

樹種の選び方でもっと広がる

緑のある暮らし

資料請求いただいた方の中から抽選で10名様に「アオダモの苗木」をプレゼント!

詳しくはこちら
プレゼント&アンケート
寄せ植えコンテスト
園芸・ガーデニング作業の基本
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!