ツルニチニチソウ
お気に入りに登録する

ツルニチニチソウの基本情報

学名:Vinca
和名:ツルニチニチソウ(蔓日々草)  

科名 / 属名:キョウチクトウ科 / ツルニチニチソウ属(ビンカ属)

ツルニチニチソウ
ツルニチニチソウ
ツルニチニチソウ

クリックすると拡大します

ツルニチニチソウとは

特徴

ビンカ属はつる性の多年草または亜低木に分類され、日本ではツルニチニチソウ(Vinca major)とそれより小型のヒメツルニチニチソウ(V. minor)の2種がよく知られています。ちなみに、種小名の“major”は大きい、“minor”は小さいを意味します。どちらも、茎が地表を這い、節から根を下ろして広がります。グラウンドカバーやコンテナ、吊り鉢の縁から垂らすなど、長いつるを生かして多様に利用されています。花は春から初夏にかけて、立ち上がる茎の葉腋に青や白色の花を咲かせますが、花よりもむしろ、葉に斑の入る品種がガーデニング素材として親しまれています。緑葉に白や黄色の斑が入る品種があり、斑の入り方にもバラエティがあります。なお、斑入り品種は花つきがあまりよくありません。耐寒性、耐陰性、耐乾性に優れ、周年観賞できます。

基本データ

園芸分類 庭木
形態 多年草(または亜低木) 原産地 南ヨーロッパ
草丈/樹高 数m 開花期 3月下旬~6月上旬(葉の観賞期:3月下旬~10月)
花色 紫,白,青 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い(ヒメツルニチニチソウ)~普通(ツルニチニチソウ) 耐暑性 強い(ツルニチニチソウ)~普通(ヒメツルニチニチソウ)
特性・用途 常緑性,つる性,カラーリーフ,日陰でも育つ,初心者でも育てやすい,グラウンドカバーにできる
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ツルニチニチソウ

    Vinca major
    ヒメツルニチニチソウと比べると、寒さにはやや弱く、暑さにはより強い。
  • ヒメツルニチニチソウ

    Vinca minor
    ツルニチニチソウと比べると、寒さにはより強く、暑さにはやや弱く、より耐陰性がある。八重や紫色の花もある。
  • ツルニチニチソウの一品種

    黄色の中斑。葉緑の緑色とのコントラストがはっきりしていて明るい。
  • ツルニチニチソウの一品種

    クリーム色の覆輪くずれ。緑色の部分も濃淡がある。

育て方・栽培方法

ツルニチニチソウの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:島田有紀子(しまだ・ゆきこ)
広島市植物公園に勤務。ベゴニアやペラルゴニウムの仲間などを担当し、保有する豊富な野生種をもとに、耐暑性、耐寒性のあるベゴニアの育種に取り組む。それにとどまらず、幅広い植物に精通している。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

『やさいの時間』3月号アンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
園芸をもっと楽しく、資料請求
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

畑自慢・やさい自慢
畑自慢・やさい自慢
自慢の畑・野菜の写真を募集中!