アジアンタム
お気に入りに登録する

アジアンタムの育て方・栽培方法

アジアンタム
アジアンタム
アジアンタム・ラディアナム ‘フリッツ・ルーシー’
アジアンタム

クリックすると拡大します

栽培カレンダー

*関東地方以西基準

基本データ

園芸分類 観葉植物,シダ
形態 多年草 原産地 世界の温帯から熱帯
草丈/樹高 5~100cm 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,日陰でも育つ

育て方のポイント

アジアンタムの栽培環境・日当たり・置き場

明るい日陰に置きます。夏は冷房の冷気、冬は暖房の温風が株に直接当たらない場所に置きます。こまめに霧吹きなどで葉水を与えるようにし、できるだけ周囲の湿度を高めるようにします。春から秋に戸外やベランダなどに置いた株は、冬は室内に取り込みます。

アジアンタムの水やり

春から秋は、鉢土を乾かさないように水を与えます。夏は、株の上から水を与えると葉が蒸れて枯れることがあるので、鉢縁から鉢土に直接与えるようにします。冬は鉢土の表面が乾いてきたら与えます。

アジアンタムの肥料

春から秋の生育期に、緩効性化成肥料を2か月に1回施します。または、液体肥料を7~10日に1回施すのもよい方法です。

アジアンタムの病気と害虫

病気:立ち枯れ病など
置き場を移動して栽培環境を急に変えると、葉を傷めることがあるので注意します。日光に当てるときは、徐々に光が強い場所へ移動させ、日光に慣らすようにします。春と秋に多湿にすると立枯病が発生し、葉が枯れます。風通しのよい場所に置き、鉢を地面の土の上に直接置かないようにします。

害虫:ナメクジ
新葉が展開してこないのはナメクジの被害です。ナメクジの這った跡に粘液が残り、それが光って見えるので、発生がわかります。

アジアンタムの用土(鉢植え)

腐植質で水はけのよい用土(例:赤玉土小粒5、腐葉土3、軽石小粒2の配合土など)で植えつけます。

アジアンタムの植えつけ、 植え替え

生育が比較的旺盛なので、毎年5月から9月に植え替えます。鉢土を1/4程度落とし、一~二回り大きな鉢に植え替えます。

アジアンタムのふやし方

株分け:適期は 5月から9月です。株を分けてから、鉢土を1/3程度落とし、葉も半分程度間引きます。鉢のサイズは、それまで植えていた鉢と同じサイズのものを用います。葉が枯れたりして見苦しくなった場合は、葉を全部切り落とし、鉢土もほとんど落として植えつけます。こうすると、1~2か月で新葉が芽吹いて再生します。

アジアンタムの主な作業

下葉の切り落とし:下葉は寿命になると黒く枯れてくるので、葉色が変わって枯れだしてきたら、早めに株元から切り落とします。

特徴

アジアンタムはシダの仲間で、葉は繊細で柔らかく、涼しげな雰囲気を醸し出してくれます。さまざまな種類や品種があり、ミニ観葉から中・小鉢などで年間楽しめます。多湿を好み、乾燥させすぎないように注意して栽培します。原産地は世界の温帯から熱帯で、約...

種類(原種、園芸品種)

アジアンタム・ラディアナム ‘フリッツ・ルーシー’

アジアンタム・ラディアナム ‘フリッツ・ルーシー’


Adiantum raddianum ‘Fritz Luth’

アジアンタム・ラディアナム‘フラグランス’


Adiantum raddianum ‘Fragrantissimun’

アジアンタム・テネルム ‘スクツム・ロゼウム’


Adiantum tenerum ‘Scutum Roseum’
アジアンタム・マクロフィラム

アジアンタム・マクロフィラム


Adiantum macrophyllum
大型の葉になる。新芽が赤くなるのも魅力の一つ。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:尾崎 章(おざき・あきら)
千葉県の植物園、南房パラダイスでの20年の勤務を経て独立。現在は熱帯植物の専門ナーセリー、エクゾティックプランツを営む。熱帯・亜熱帯原産の植物を収集し、3000種以上を扱っている。

さらに詳しく知りたい方におすすめの本

育て方、楽しみ方のガイドブック

毎日の管理の基本から、きれいな緑を長く保つためのとっておきのテクニックまで、観葉植物を育てる上で必ず知っておくべきことを1冊に。観葉植物図鑑には、希少なものも含め人気品種を100種以上収載。シーズン別トラブルレスキューも充実。

アジアンタムのそだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』12月号
心温まる!もっとやさしいシクラメン

シクラメンの魅力と栽培のコツを大特集! 注目特集は木のメンテナンス「剪定」を徹底解説。

テキストこぼれ話

荻原さんおすすめの原種シクラメン!~12月号こぼれ話・後編

コウム以外にもまだまだあるという、おすすめの原種シクラメンを紹介いただきました!

テキストこぼれ話

シクラメン・コウムの楽しみ方~12月号こぼれ話・前編

清楚なかわいらしさが魅力の原種シクラメン、コウム。庭植えや寄せ植えのコツを紹介!

pr

こだわりの庭空間や植栽デザインも!住まいを彩るエクステリア[PR]

「YKK AP エクステリア スタイル大賞2021」が決定!受賞6作品を紹介します。

とじ込み付録

12月号とじ込み付録
2022年 花カレンダー

『趣味の園芸』12月号は、季節を感じる花カレンダーがとじ込み付録として付いています!

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!