フランネルフラワー
お気に入りに登録する

フランネルフラワーの基本情報

学名:Actinotus helianthi

科名 / 属名:セリ科 / アクチノータス属

フランネルフラワー
フランネルフラワー

クリックすると拡大します

フランネルフラワーとは

特徴

フランネルフラワーの細かい毛が密生する花の手ざわりは、軽く柔らかい毛織物のフランネルに似ています。同じように、フランネルに似た手ざわりの葉をもつフランネルソウ(Lychnis coronaria/スイセンノウ)は、ナデシコ科のまったく別の植物です。
少し前までフランネルフラワーは、輸入切り花しか見かけなかったのですが、近年、日本で品種改良されて、鉢花としての流通がふえています。アクチノータス属は、オーストラリアを中心に15種ほどありますが、現在、日本で流通しているのはヘリアンティ種(Actinotus helianthi)のみです。
水はけがよい酸性の土を好むので、酸度無調整のピートモスと鹿沼土を半量ずつ混ぜた用土を使い、根鉢をくずさずに植えつけるのが、上手に育てる最大のポイントです。
また、根が繊細なので極端な乾燥に弱く、完全に干からびさせると枯れてしまうことがあります。そこで、直径24cm(8号)以上の大きな鉢に、エリカやクロウエア、レシュノルティアなど同じ環境を好む植物と寄せ植えにすると、鉢土の量が多くなる分、乾湿の変化が穏やかになって、水の管理がラクになります。
なお、フランネルフラワーは日当たりのよい場所を好むので、雨のかからない日なたに置いて管理します。ただし、凍らせると枯れてしまうので、冬は室内に取り込みましょう。真夏は、風通しのよい半日陰に置き、涼しく夏越しさせましょう。

基本データ

園芸分類 草花
形態 多年草 原産地 オーストラリア
草丈/樹高 30~100cm 開花期 4月~6月、9月~12月
花色 白 ,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 やや弱い
特性・用途 常緑性,開花期が長い
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ‘エンジェル・スター’

    Actinotus helianthi ‘Angel Star’
    四季咲き性が強い品種。鉢花として流通するが、草丈60cm以上になるので、家庭で切り花として利用してもおもしろい。
  • ‘ファンシー・スノー’

    Actinotus helianthi ‘Fancy Snow’
    秋咲き品種。切り花用の高性品種で、草丈100cmほどに育つ。
  • ‘フェアリー・ホワイト’

    Actinotus helianthi ‘Fairy White’
    真夏と真冬は花を休むが、春と秋の2度咲く品種。花の端が緑色をしている。矮性で鉢植えに向く。

育て方・栽培方法

フランネルフラワーの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:奥 隆善(おく・たかよし)
千葉大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了後、植物の育種の道へ。チョコレートコスモスやカランコエなどの草花から、ハクサイなどの野菜まで幅広く手がける、気鋭の育種家。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸12月号アンケート
プレゼント&アンケート
園芸・ガーデニング作業の基本
テキストこぼれ話
テキストこぼれ話
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!