マツバボタン
お気に入りに登録する

マツバボタンの基本情報

学名:Portulaca grandiflora
和名:マツバボタン  その他の名前:松葉牡丹、日照り草、爪切り草

科名 / 属名:スベリヒユ科 / スベリヒユ属(ポーチュラカ属)

マツバボタン
マツバボタン
マツバボタン

クリックすると拡大します

マツバボタンとは

特徴

真夏の強い日ざしの中でも元気に咲くマツバボタン。茎が這うように広がり、枝分かれしながら咲き続けます。花壇やコンテナはもちろん、砂利道のわきや敷石の間などの乾きやすいところでもよく育ちます。日当たりと水はけがよく、多湿にならない場所であれば、ほとんど手入れの必要もなく、栽培は容易です。
一日花ですが花数が多く、6月から9月ごろまでほとんど途切れることなく次々と咲きます。園芸品種では花がしぼむのが遅く、夕方ごろまで開くように改良されています。花色が豊富で、一重咲きから八重咲き、さらに万重咲きまであり、場所によってはこぼれダネで毎年自然に育ちます。また、古くから栽培されている品種‘ジュエル’(‘Jewel’)は耐寒性があり、軽い霜程度なら越冬します。
マツバボタンの仲間のスベリヒユ属(ポーチュラカ属、Portulaca)には100種ほどがあり、園芸利用で重要なのは本種ですが、最近はより性質が強健で花つきのよいハナスベリヒユP. oleracea)の利用が多くなっています。さし芽でふやした品種が多数育成され、マツバボタンにとって代わる勢いです。
F1品種(雑種第一代)のほか、品種名のないタネや、F2品種(雑種第二代)のタネ、花径6~7cmの大輪系の苗も出回ります。

基本データ

園芸分類 草花
形態 一年草(本来は非耐寒性多年草だが一年草扱いとする) 原産地 ブラジル、アルゼンチン
草丈/樹高 5~15cm 開花期 6月~9月
花色 赤,オレンジ,ピンク,黄,白,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性(本来は常緑性), 開花期が長い,高温乾燥に強い,花壇,コンテナ
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • 終日咲き混合

    花色混合のタネが売られている。
  • 万重咲き

    花色別で苗が流通する。
  • ‘サンダイヤル’

    Portulaca grandiflora ‘Sundial’
    花色混合のF1品種。
  • ‘ソーラーキッズ’

    Portulaca grandiflora ‘Solar Kids’
    花色混合のタネが売られている。
  • ‘ジュエル’

    Portulaca ‘Jewel’
    花色は濃ローズとホワイトがあり、一重咲き。

育て方・栽培方法

マツバボタンの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:小黒 晃(おぐろ・あきら)
種苗会社ミヨシで、主に宿根草の導入、試作に携わっている。また、一般公開をしている宿根草ガーデンの管理を担当している。日本における、宿根草全般の栽培特性に造詣が深い。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

抽選で合計40名様に当たる!

アースガーデン
アンケートプレゼント

皆さまの声をお寄せください☆
締切:9月4日(月)まで

詳しくはこちら
プレゼント&アンケート
テキストこぼれ話
園芸・ガーデニング作業の基本
寄せ植えコンテスト
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!