アザミの仲間
お気に入りに登録する

アザミの仲間の育て方・栽培方法

アザミの仲間
ノアザミ
アザミの仲間
フジアザミ
アザミの仲間
トネアザミ

クリックすると拡大します

栽培カレンダー

基本データ

園芸分類 山野草,草花
形態 多年草 原産地 北半球に広く分布(日本原産種はほとんどが固有種)
草丈/樹高 30~120cm 開花期 夏から秋(ノアザミでは4月~10月)
花色 紫,ピンク,白 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 開花期が長い,初心者でも育てやすい

育て方のポイント

栽培環境・日当たり・置き場

ノアザミの場合、風通しのよい日なたで栽培します。庭植えにする場合は、あまり乾燥しすぎる場所は避けます。
フジアザミのような崩壊地や、やや高い山に生える種類の場合は、ロックガーデンを築くか、高山植物用の用土を客土した場所に植えます。また、森林に生える種類は夏の間40~50%前後の遮光をして、日焼けを防ぎます。
大型の種類の場合、鉢栽培は難しいので庭植えで管理します。

水やり

ノアザミの場合、表土が乾いたら十分に与えます。庭植えの場合はよほど乾燥が続かないかぎり、不要です。キセルアザミのような湿地性の種類の場合は、浅く腰水にして乾燥を防ぎます。

肥料

ノアザミの場合、芽が出始めてから株が成長している間はチッ素、リン酸、カリウムの3要素が等量配合の緩効性肥料を5号鉢で三つまみ施します。さらに草花用の液体肥料を月2回、1000倍に薄めて追肥します。施しすぎると枝葉ばかり茂るので、少なめを心がけます。地植えの場合は特に施さなくても大丈夫です。
ほかの種も同様に、植物の大きさに合わせて量を加減します。

病気と害虫

病気:特にありませんが、ときにうどんこ病の発生を見ます。

害虫:特にありませんが、ときにアブラムシの発生を見ます。

用土(鉢植え)

ノアザミなど低地に見られる種は、草花用の培養土でよく育ちます。険しい斜面や山地に生えている種は高山植物用の培養土を使います。

植えつけ、 植え替え

鉢植えの場合、毎年2月から3月に行います。庭植えの場合は特に植え替えの必要はありません。

ふやし方

タネまき:タネでふやすのが最もよいふやし方です。2月から3月にまきます。順調に成長した株はタネをまいた翌年に開花します。

株分け:植え替えの際に、株が自然に分かれている部分を外すか、あるいは根をつけて切り分けられる部分があれば、そこを切って分けます。切った場合は炭の粉などをつけて切り口を覆っておきます。

主な作業

支柱立て:種類によっては茎が倒れやすいため、支柱を立て倒れるのを防ぎます。

交配:アザミの仲間は放置すると交雑するため、純粋なタネを得たい場合は、蕾のうちから袋かけをして虫の侵入を防ぎ、人工交配をします。何回かに分けて行いましょう。交配後は再び袋をかけておきます。

花がら摘み:タネをとらない場合は、交雑しないよう、花が終わったら切り捨てます。

特徴

アザミの仲間で最も多く栽培されているのはノアザミ(Cirsium japonicum)で、切り花用の「ドイツアザミ」はノアザミの改良種です。
ノアザミは、日本列島の海岸沿いからやや高い山の、日当たりのよい草原や道端に生えています...

種類(原種、園芸品種)

フジアザミ

フジアザミ


Cirsium purpuratum
日本で最も大きな花を咲かせるアザミ。本州中部地方の山地の、日当たりのよい荒れ地や崩壊した斜面などに生える。草丈50〜150cm、花は夏の終わりから秋に咲く。花は直径60m前後にもなり、垂れ下がる。開花時にも根出葉が残って直径1mほどに広がる。白花のシロバナフジアザミもあり、流通している。

ナンブアザミ(広義)


Cirsium nipponicum
東北地方から近畿地方、四国の低地からやや高い山の草原まで広く見られる。草丈1〜2mになり、秋に直径2cm強の花が多数、横向きに咲く。総苞片は反り返り、開花時に根出葉はない。各地にさまざまな変種があり、関東地方では変種のトネアザミ(タイアザミ)が普通に見られる。

キセルアザミ(マアザミ、サワアザミ)


Cirsium sieboldii
本州、四国、九州の山地にある明るい湿地の流れのそばや水辺に生える。草丈50〜100cm、秋に直径3cmほどの花を、茎の先に通常1〜2輪、下向きから横向きに咲かせる。開花時も根出葉がきれいに残り、茎にほとんど葉はないか少ない。とげも小さい。

キルシウム・アコーレ(チャボアザミ、クキナシアザミ)


Cirsium acauleCarduus acaulis
ヨーロッパから西アジアの石灰岩地の草原に生える。学名は「茎がない」という意味。草丈は5〜15cmとたいへん低く、タンポポのような姿で、直径3cm前後の花を上向きに咲かせる。根はゴボウ状で深く伸びるため、ロックガーデンか深鉢に植えるのがよい。株分けが困難なので、タネまきでふやす。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:辻 幸治(つじ・こうじ)
1976年、大阪生まれ。ホームセンター勤務を経て、現在は園芸分野の執筆活動も精力的に行う気鋭の園芸家。江戸の園芸文化から、海外のワイルドフラワーまで、幅広く植物に精通している。

アザミの仲間のそだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • もう1つのそだレポ
    日本に従来から自生する植物の栽培を楽しみたい方のためのそだレポです。趣味園にもともとあるそだレポとの違いは、一人の人のそだレポではなく、参加者がご自分の育て...
  • どなたかもらって~種・株分け~
    我が家の母は良く果物から発芽させるわ 採ってきた花から根が付くという稀にみる。 雑草根性をもつ植物のブリーダー(?)(笑) 切った豆苗を水につけて再生してみたり...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸バックナンバー
定期購読
関連アイテム
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!