フジバカマ
お気に入りに登録する

フジバカマの育て方・栽培方法

栽培カレンダー

基本データ

園芸分類 草花,山野草
形態 多年草 原産地 東アジア(中国~朝鮮半島、関東地方以西の本州、四国、九州)
草丈/樹高 60~120cm 開花期 8月から9月(残り花は10月ごろまである)
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,香りがある,盆栽向き,初心者でも育てやすい

育て方のポイント

栽培環境・日当たり・置き場

日なたで育てます。日当たりが半日程度ある場所なら成長はしますが、徒長しがちになり、花色が悪く、数も少なくなります。
盆栽のように育てたい場合は、茎をまっすぐに仕立てるために風が強すぎる場所を避けます。
庭植えの場合は、日当たりがよく、あまり乾燥しない場所に植えます。地下茎で猛烈に繁殖するので、あらかじめ土の中を板で仕切っておき、広がりすぎないようにします。

水やり

水切れするとひどく傷みます。鉢植えは水切れしないように、雨が降っている日以外は毎日水やりをするか、浅く腰水にしておきます。庭植えでは3日以上雨が降らず、夕方でもしおれているようであれば十分に水やりをします。

肥料

植え替え時に、元肥としてリン酸が多めの緩効性肥料を少量(5号鉢で二つまみほど)入れておきます。
芽出しから7月いっぱいまで、チッ素、リン酸、カリウムが等量配合の化成肥料を月1回、または配合肥料を月1~2回施します。大きくしたい場合はチッ素とカリウムが多めの液体肥料を追肥してもよいでしょう。ただし、肥料が多すぎると茎葉ばかりが茂るので、肥料切れにならない程度に、控えめとします。8月からはリン酸が多めの液体肥料を1000倍に薄めて月2~3回施します。
庭植えの場合は特に必要ありませんが、大きくしたい場合や、葉色が悪い場合は鉢植えに準じて施してください。

病気と害虫

病気:うどんこ病、ウイルス病
うどんこ病で深刻な状況になることはあまりありません。
この仲間のヒヨドリバナなどではウイルス病が発生します。感染すると葉脈が黄色く浮き上がり、株が萎縮して衰弱し、枯れます。この病気はコナジラミによって媒介されます。治療法はないので、病気になった株は処分し、ウイルスを媒介するコナジラミの防除、予防を徹底します。ウイルス病の株がたまに斑入りと誤認されて販売されていることもあるので注意が必要です。

害虫:コナジラミ、アブラムシ、ハダニ、コナガ
この仲間につくコナジラミはさまざまな植物に寄生するタバココナジラミとされます。この虫は白い小さな羽虫で、夏を中心に発生し、主に葉の裏側で吸汁します。爆発的にふえ、ウイルスを媒介するので注意が必要です。
そのほかの害虫は、それほど深刻な状況になることはあまりありません。

用土(鉢植え)

一般的な草花用培養土で十分に育ち、山砂主体の用土では生育が劣ります。ヤクシマヒヨドリとヨツバヒヨドリは高山植物用の培養土で植えます。盆栽のように小さく育てたい場合は赤玉土主体にします。

植えつけ、 植え替え

鉢植えは毎年、2月から3月の芽出し前に植え替えます。非常によくふえるので、根詰まりで自滅することがあるからです。長い地下茎は1/3~1/2に切って植えます。
盆栽仕立ての場合、最初は浅い鉢に植え、根が回ったら鉢から抜き取って、水盤など浅く水を張れる容器の上にのせて育てる「根洗い仕立て」にする方法もあります。この場合は植え替えの必要はありません。
庭植えの場合は株が混んできたら掘り上げ、よい芽だけを選んで植え直します。

ふやし方

株分け:植え替えと同時に行います。周囲をほぐしたあと、根鉢ごと1/3~1/2に切り分けます。

さし芽:5月から6月に、茎の先端をさし穂に使う天ざしをします。

タネまき:結実することはあまりありませんが、健全なタネが入手できたらまいてみましょう。発芽率はよく、成長も早いものです。2月から3月にまき、早ければその年、遅くとも翌年には開花します。

主な作業

切り戻し:大きくなりすぎそうな場合や、草丈を抑えたい場合は、5月から6月に株の1/3~1/2ほどを残して切り戻します。切った枝はさし芽に利用できます。

特徴

フジバカマは「秋の七草」の一つで、万葉の時代から人々に親しまれてきた植物です。夏の終わりから秋の初め、茎の先端に直径5mmほどの小さな花を、長さ10cm前後の房状に多数咲かせます。川沿いの湿った草原やまばらな林に見られ、まっすぐに伸びる茎に...

種類(原種、園芸品種)

フジバカマ 斑入り

乳白色のややゆがんだ覆輪が入る。斑は安定しているが、性質は基本のものよりやや弱い。花は基本のものと変わらない。
サワフジバカマ

サワフジバカマ


Eupatorium × arakianum
フジバカマとサワヒヨドリの雑種。フジバカマの名で市販されているものの多くは本種である。フジバカマを小型にしたような姿で、全体に紫色が濃い。地下茎で猛烈にふえる。開花は9月から10月ごろ。純白花の品種もある。

サワヒヨドリ


Eupatorium lindleyanum var. lindleyanum
シベリアから東アジアに広く分布し、湿原や湿った草原に生育。草丈50〜100cm。全体に紫色を帯び、葉柄はなく、葉は細く、対生するが、つけ根近くで3深裂するので6枚の葉が輪生しているように見えることがある。開花は9月から10月ごろ。地下茎は出さない。
ハマサワヒヨドリ

ハマサワヒヨドリ


Eupatorium lindleyanum var. yasushii
サワヒヨドリの変種で、関東地方南部の海岸沿いの乾燥しがちな草原や急斜面に生える。10月に咲く。茎はやや斜めに伸び、草丈15〜30cm。葉は卵形か細い卵形で厚みがあり丈夫。地下茎は出さない。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:辻 幸治(つじ・こうじ)
1976年、大阪生まれ。ホームセンター勤務を経て、現在は園芸分野の執筆活動も精力的に行う気鋭の園芸家。江戸の園芸文化から、海外のワイルドフラワーまで、幅広く植物に精通している。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

抽選で合計40名様に当たる!

アースガーデン
アンケートプレゼント

皆さまの声をお寄せください☆
締切:9月4日(月)まで

詳しくはこちら

樹種の選び方でもっと広がる

緑のある暮らし

資料請求いただいた方の中から抽選で10名様に「アオダモの苗木」をプレゼント!

詳しくはこちら
プレゼント&アンケート
テキストこぼれ話
園芸・ガーデニング作業の基本
寄せ植えコンテスト
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!