カラタチバナ
お気に入りに登録する

カラタチバナの基本情報

学名:Ardisia crispa
和名:カラタチバナ(唐橘)  その他の名前:百両(ひゃくりょう)

科名 / 属名:サクラソウ科 / ヤブコウジ属

カラタチバナ
カラタチバナ
カラタチバナ
‘麒麟獅子’

クリックすると拡大します

カラタチバナとは

特徴

カラタチバナ(Ardisia crispa)は、「千両、万両」と称されるセンリョウSarcandra glabra)、マンリョウA. crenata)と並び、百両と呼ばれます。さらにヤブコウジA.japonica)が十両とされます。いずれも、正月の縁起植物として扱われますが、金額の大小は、植物体や果実の大きさが関係しているようです。カラタチバナが「百両金」と書かれるのは、江戸時代の寛政年間に、葉に斑が入った変わりものの栽培が大流行し、百両単位の値で取り引きされたことによります。この時代の流行は数年で終わりましたが、斑入り植物が流行した江戸時代後期に、流行が再燃しています。
近代に入ると、明治時代に東京、名古屋、京都で一時期流行しましたが、大正時代以降は、大きな流行は見られません。現在は新潟県と島根県を中心に、栽培が続けられています。
全体の姿はマンリョウに似ていますが、葉や果実はマンリョウよりも大きく、濃い緑色の葉と赤い果実が観賞されます。園芸品種には、白実や黄実があります。
また、古典園芸植物としては、葉がねじれたり、巻いたり、斑が入ったりと極端に形や色が変化したものが多いという特徴があります。
日本原産の植物なので、強い風や日照を避けて極端に乾燥させないようにすれば、庭植えでも鉢植えでも容易に栽培することができます。ただし、斑入りや葉が変形した品種は多少寒さに弱く、成長も遅いので、鉢植えで栽培します。

※科名:ヤブコウジ科で分類される場合もあります。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 低木 原産地 本州・四国・九州、沖縄、台湾、中国
草丈/樹高 0.2~0.5m 開花期 7月
観賞期 11月~3月(果実) 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,日陰でも育つ,盆栽向き
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • 白実

    Ardisia crispa cv.
    果実がクリーム色。

育て方・栽培方法

カラタチバナの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:倉重祐二(くらしげ・ゆうじ)
赤城自然園(群馬県)を経て、現在新潟県立植物園副園長。専門はツツジ属の栽培保全や系統進化、園芸文化史。著書に『よくわかる栽培12か月 シャクナゲ』『よくわかる土・肥料・鉢』(以上NHK出版)、『増補原色日本産ツツジ・シャクナゲ大図譜』 (改訂増補、誠文堂新光社)など。みんなの趣味の園芸に植物園日記を執筆中。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記過去1年間

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ガーデニングのあとは

スッキリ&らくらく 快適キッチン術

キッチンを快適に使いこなす方法を紹介! 抽選で10名様に本格・軽量の剪定バサミも当たります。

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

【テキストこぼれ話】
趣味の園芸1月号 後編

後編では、松村さんが今一番お気に入りのカラーリーフや、挑戦中のクリスマスローズを教えてくれました。

特別対談

【特別対談・番外編】
小笠原左衛門尉亮軒(ご隠居)× 朝井まかて(直木賞作家)

江戸の園芸文化に造詣が深い二人の特別対談をお届け(番外編・全3回)

新着日記写真

2018/01/18
これ、何でしょ...
2018/01/18
伊勢神宮 参拝
2018/01/18
横浜イングリッ...
2018/01/18
発根したビオラ
2018/01/18
クリスマスロー...
2018/01/18
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!