キングサリ
お気に入りに登録する

キングサリの基本情報

学名:Laburnum anagyroides
和名:キングサリ(金鎖)  その他の名前:ゴールデンチェーン、キバナフジ

科名 / 属名:マメ科 / キングサリ属

キングサリ
キングサリ
キングサリ
ラブルヌム・ウォータレリ

クリックすると拡大します

キングサリとは

特徴

キングサリは、5月に垂れ下がる総状花序に鮮やかな黄色の花が咲く姿が圧巻です。斜め上方に伸びた枝から20cmほどの花の房がいくつも垂れ下がるのが本来の姿ですが、枝が柔らかいのでフェンスやアーチに誘引して仕立てることもできます。耐寒性は強いのですが夏の暑さをやや苦手とします。美しい反面、有毒植物としても知られており、特にタネには毒性の強いアルカロイドが含まれているので扱いに注意します。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 高木 原産地 ヨーロッパ中部および南部
草丈/樹高 7m 開花期 5月
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 普通
特性・用途 落葉性,生け垣に向く,初心者でも育てやすい
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • キングサリ

    Laburnum anagyroides
    樹高7mほどになり、5月に下垂する20cmほどの総状花序に鮮やかな黄色の花をつける。
  • キングサリ‘ペンドゥルム’

    Laburnum anagyroides ‘Pendulum’
    幹から枝が枝垂れて伸び、樹高も低い。
  • ラブルヌム・アルピヌム

    Laburnum alpinum
    キングサリとは同属別種で樹高は5mとやや低く、花序は30〜70cmにもなる。
  • ラブルヌム・ウォータレリ

    Laburnum × watereri
    キングサリとラブルヌム・アルピヌムとの交雑種。
  • ラブルヌム・ウォータレリ‘アルフォーズ・ウィーピング’

    Laburnum × watereri ‘Alford's Weeping’
    ラブルヌム・ウォータレリの園芸品種。樹高はあまり高くならず、枝は横に張り枝先は垂れていく。
  • ラブルヌム・ウォータレリ‘ボッシー’

    Laburnum × watereri ‘Vossii’
    花序が50〜60cmと長く、樹高も高くなる。

育て方・栽培方法

キングサリの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:高取利道(たかとり・としみち)
奈良県で庭のデザイン、施工、管理を行うタカトリ園芸を経営。コニファー、花木、小果樹の利用を提案し、園芸番組への出演や、講習会、新聞、園芸誌への執筆を通してガーデニングの楽しさを伝える活動を行う。1級造園施工管理技士、農薬管理指導士。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 芳香種
    香りの良い植物について情報交換や自慢大会しまんせか? 写真も沢山載せてください。 香りは知ってても名前が知らなかったり、 花を知ってても名前を知らなかったり、 ...

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

樹種の選び方でもっと広がる

緑のある暮らし

資料請求いただいた方の中から抽選で10名様に「アオダモの苗木」をプレゼント!

詳しくはこちら
山歩きをもっと快適に
プレゼント&アンケート
やさいの時間
テキストこぼれ話
園芸・ガーデニング作業の基本
寄せ植えコンテスト
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!