マルバノキ
お気に入りに登録する

マルバノキの基本情報

学名:Disanthus cercidifolius
和名:マルバノキ  その他の名前:ベニマンサク(紅万作)

科名 / 属名:マンサク科 / マルバノキ属

マルバノキ
マルバノキ
マルバノキ
マルバノキ
マルバノキ
‘恵那錦’

クリックすると拡大します

マルバノキとは

特徴

マルバノキは、丸みを帯びたハート形の葉をもつ落葉低木です。愛らしい葉は春には鮮やかな若葉、秋には赤く美しい紅葉で庭を彩ります。日当たりのよい場所のほうが鮮やかに紅葉しますが、半日陰で緑、黄、赤の葉が混在する姿も美しいものです。マルバノキの花はほかの落葉花木とは違い、赤く色づいた葉が散り始めるころに咲き始めます。咲き方も変わっていてマンサクのような形の赤い小さな2つの花が背中合わせに咲きます。やがて結実しますが、蒴果はそのまま枝にぶら下がり、翌年の秋に熟して2つに裂けます。赤くてマンサクに似た花が咲くことから、ベニマンサクと呼ばれることがあります。

基本データ

園芸分類 庭木・花木
形態 低木 原産地 日本(中部、近畿、四国)
草丈/樹高 2~4m 開花期 11月
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性,日陰でも育つ,初心者でも育てやすい
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • マルバノキ

    Disanthus cercidifolius
    日当たりがよく夜露に当たる場所のほうが、紅葉は真っ赤になるが、半日陰で緑、黄、赤の葉が混在する姿も趣があり美しい。
  • ‘恵那錦’

    Disanthus cercidifolius ‘Ena-nishiki’
    葉に白色から生成り色の覆輪がある。紅葉時も1枚の葉に濃淡があるので美しい。

育て方・栽培方法

マルバノキの栽培カレンダー

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:高取利道(たかとり・としみち)
奈良県で庭のデザイン、施工、管理を行うタカトリ園芸を経営。コニファー、花木、小果樹の利用を提案し、園芸番組への出演や、講習会、新聞、園芸誌への執筆を通してガーデニングの楽しさを伝える活動を行う。1級造園施工管理技士、農薬管理指導士。

そだレポ(栽培レポート)

  • まるばのき
    別名をベニマンサク。 マンサクでは枯れ葉が目立つのに対して、 マルバノキは...
写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

抽選で合計40名様に当たる!

アースガーデン
アンケートプレゼント

皆さまの声をお寄せください☆
締切:9月4日(月)まで

詳しくはこちら

樹種の選び方でもっと広がる

緑のある暮らし

資料請求いただいた方の中から抽選で10名様に「アオダモの苗木」をプレゼント!

詳しくはこちら
プレゼント&アンケート
テキストこぼれ話
園芸・ガーデニング作業の基本
寄せ植えコンテスト
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!