春も!初夏まで花いっぱい!サフィニアと、太陽の季節を楽しもう!

サフィニアとは?

みずみずしい緑の枝を波打つように広げ、色鮮やかな花を無数につけるサフィニア。約30年前にサントリーフラワーズが開発したその花の名は、マリンスポーツの「サーフィン」と原種である「ペチュニア」からつけられたって、ご存じでしたか?
太陽の季節にぴったりの花、サフィニアはいまやガーデンの定番。その一方で、より美しく、より個性的に進化し続けています。その魅力の一部をご紹介しましょう。

サフィニア
サフィニア

サフィニアがなくちゃはじまらない!

変わらぬ魅力が道行く人を和ませます。[神奈川県]駅前花壇ボランティアE.K.さん

地元地区センターの寄せ植え講習会に参加したのがきっかけで、駅前の花壇に花を育てるボランティアに関わって8年目。毎年3月、花好きの仲間と一緒にサフィニアを植えています。その数およそ140株! 20個のプランターに仮り植えして大きく育て、5月にそれまで花壇を飾っていたパンジーと入れ替えて駅前をサフィニアでいっぱいにします。道行く人が目をとめてくれます。

サフィニア
サフィニア

ハンギング仕立てで楽しんだ後、プランターに移植。「丈夫で扱いやすいところもサフィニアの魅力です」。

サフィニア全シリーズを制覇しました![東京都]主婦 Y.N.さん

園芸店の見本鉢を見て、私もこんな風に育ててみたいと3色のサフィニアを買ったのが始まりです。ラベルに書いてあるとおりに切り戻しをしたら、ほんとうに見本鉢のように育てることができてびっくり。サフィニアシリーズはマックスもアートもフリルもブーケも全部育ててみました。それぞれ特徴があって楽しいですね。花がなくなってきたら刈り込めばまた花芽を伸ばすのでコスパもばっちりです。

サフィニア

店頭の見本鉢。サフィニアシリーズのラベンダーレース、バイオレット、パープルミニの3色の混色植えを提案。

サフィニア

Y.N.さんの花壇を埋めつくして咲くサフィニアマックス。「とにかく大きく育ちます!」

30周年へのカウントダウン<サフィニアFLOWERフェス>はじまる!

  サントリーフラワーズがサフィニアを開発・発売したのは1989年。暑さに強く、雨にも傷みにくい強健さとともに、見る人の心をとらえたのはその花色の美しさでした。以来1990年代の園芸ブームを牽引し、町中の花壇を一新したというスゴイ花、それがサフィニアです。
  まもなく、その誕生から30年。30周年を迎える2019年にかけて、街やネット上をサフィニアでいっぱいにするプロジェクトが始動します。

サフィニアFLOWERフェス〜みんなのサフィニアを楽しもう!〜
ツイッター、インスタグラム、グリーンスナップ

あなたのサフィニアを撮影して投稿しよう!

あなたが育てたサフィニアを写真に撮って、ツイッターやインスタグラム、
グリーンスナップから投稿しよう!

1.あなたのサフィニアを撮影 サフィニアシリーズならなんでもOK!→2.ハッシュタグをつけて投稿!#サフィニアフェス #私のサフィニア とつけて、SNSに投稿!→3.サフィニアFLOWERフェス 特設サイトで紹介されます。
詳しくは特設ページへ サフィニアFLOWERフェス サフィニアの詳しい育て方やお近くの販売店情報も!
サントリーフラワーズお客様センター 0570-550-087(ナビダイヤル)受付時間9:30〜17:00(土・日・祝日を除く)