ニオイヒバ
お気に入りに登録する

ニオイヒバの育て方・栽培方法

栽培カレンダー

基本データ

園芸分類 庭木・花木,コニファー
形態 低木~高木 原産地 北アメリカ
草丈/樹高 0.5~15m 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,耐寒性が強い,初心者でも育てやすい,生け垣向き,カラーリーフ,香りがある

育て方のポイント

栽培環境・日当たり・置き場

日当たりと水はけがよい場所でよく育ちますが、夏に水切れを起こすと葉が部分的に傷み、樹勢が弱くなります。葉色が黄色の品種は日当たりが悪いと緑色が濃くなり、黄色の発色が悪くなります。

水やり

鉢植えや、庭植えでも植えつけてから2年未満の株は、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。庭植えで植えつけて2年以上たつ株は水やりの必要はありません。鉢植えでは水切れを起こすと葉が部分的に茶色になるので、特に夏場の水切れに注意します。

肥料

庭植えは2月に有機質肥料を、寒肥として株元の周辺に埋めておきます。鉢植えは3月に化成肥料を株元に追肥します。

病気と害虫

病気:特にありません。

害虫:ミノガ類
ミノムシが発生します。種類により食害時期が多少異なりますが、春や7月から8月に幼虫が発生して葉を食害し、秋には枝にミノをつくり越冬し、やがて成虫になります。雌は自分のミノの中に卵を産むので、抜け殻だと思ってミノを放置すると年々数が増え、被害が大きくなります。

用土(鉢植え)

水はけがよく有機物の多い土にします。赤玉土(中粒)2に、完熟腐葉土または樹皮堆肥を1の比率で混ぜたものなどを使います。市販の培養土でもかまいません。

植えつけ、 植え替え

ポットなどで生産されているものが多く、このような株は根を切らずに植えつけができるので、特に植えつけ時期を選びません。根を切って行う移植や掘り上げてまもない根巻き株の植えつけは11月から3月または梅雨の期間が最適期ですが、ニオイヒバはコニファーのなかでも移植に強いため、真夏を避け、植えつけ後の水やりに気をつければ問題はありません。庭植え、鉢植えとも、植え穴または鉢土の底に有機質肥料か緩効性化成肥料を元肥として入れておきます。狭円錐形の品種の場合、若い苗木は幹が柔らかいので、細い支柱などで添え木をして主幹がまっすぐ伸びるように心がけます。

ふやし方

さし木:園芸品種はさし木でふやします。2月から3月が適期です。昨年伸びた各枝の先端から10cmほどの穂木をとります。切り口をカッターナイフなどで斜めに切り整えて2時間程度水あげし、鉢に入れた清潔な用土にさします。さし木後は乾燥しないよう鉢ごと、透明なビニール袋に入れて密閉し、直射日光を避けた明るい場所で管理します。

タネまき:10月から11月に薄茶色に熟した1cm弱の球果からタネをとり、なるべく早く清潔な土にまきます。5mmほど覆土してたっぷり水を与えます。

主な作業

剪定:樹形を整えるための刈り込みはいつでも行えます。大きく育つまでは年に1~2回、3月と10月に刈り込んで樹形を整えておくと枝が粗くならずきれいに育ちます。

枯れ葉の除去:秋から冬にかけて樹冠内の古い葉が役目を終えて茶色く枯れてきます。そのままにするとなかなか自然には落葉せず、株が傷んだように見えます。軽くもむだけで落とすことができるので、目についた枯れ葉は随時取り除きます。大きな株ではほうきの先で高い場所から下へ順にたたいて落としてもよいでしょう。

特徴

ニオイヒバは樹高15mになる常緑高木で、北アメリカに分布します。品種により香りの強さに差がありますが、葉をもむとほのかな甘さを思わせる芳香を放ち、これが和名の由来となっています。園芸品種では樹高が0.5~0.8m程度の小型のものもあるため植...

種類(原種、園芸品種)

‘スマラフト’(スマラグ)

‘スマラフト’(スマラグ)


Thuja occidentalis ‘Smaragd’
濃い緑色の葉が美しい品種で「エメラルド」の名で早くから流通し、日本でも多く植栽されている。品種名は「スマラグ」あるいは「スマラグド」とされる場合も多いが、本来「スマラフト」と発音される。冬の寒さで葉先が褐色を帯びる。

‘ヨーロッパ・ゴールド’


Thuja occidentalis ‘Europa Gold’
黄色の葉色が美しい品種。樹高6mほどの円錐形に整う自然樹形も魅力。刈り込みにより樹高を抑えて維持することもできる。
‘グロボサ’

‘グロボサ’


Thuja occidentalis ‘Globosa’
樹高1.5mほどの球形樹形になる矮性品種。品種名はラテン語の形容詞で「球形の」を意味する「globosus(グロボスス)」に由来する。濃い緑の葉は、冬になると褐色を帯びる。
‘ラインゴルト’(ラインゴールド)

‘ラインゴルト’(ラインゴールド)


Thuja occidentalis ‘Rheingold’
「ラインゴールド」の名で流通することもある。発根後すぐの苗木は寄せ植えに使える。樹高は2mになる。刈り込みに耐えるので庭植えとしても人気が高い。葉色は黄色で冬の寒さで橙黄色から茶褐色に変化する。親品種の幼葉である針葉を選抜してつくり出した品種で、ほかのニオイヒバとは違う柔らかな針葉をもつ。

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:高取利道(たかとり・としみち)
奈良県で庭のデザイン、施工、管理を行うタカトリ園芸を経営。コニファー、花木、小果樹の利用を提案し、園芸番組への出演や、講習会、新聞、園芸誌への執筆を通してガーデニングの楽しさを伝える活動を行う。1級造園施工管理技士、農薬管理指導士。

そだレポ(栽培レポート)

そだレポの投稿はまだありません。
ニオイヒバを育てたことがある方は、ぜひその経験を皆さんにご紹介してください。

みんなの写真

写真の投稿はまだありません。
ニオイヒバを育てたことがある方は、ぜひその写真を皆さんにご紹介してください。

写真を投稿する

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

樹種の選び方でもっと広がる

緑のある暮らし

資料請求いただいた方の中から抽選で10名様に「アオダモの苗木」をプレゼント!

詳しくはこちら
山歩きをもっと快適に
プレゼント&アンケート
テキストこぼれ話
園芸・ガーデニング作業の基本
寄せ植えコンテスト
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!